お金を借りる

今すぐお金を借りれるカードローン

横浜銀行カードローンでキャッシングするメリットとデメリットは?




スポンサーリンク

横浜銀行カードローンの条件は魅力的

横浜銀行は地方銀行ですが、地方銀行の中でも売上高が上位に入り、都市銀行に負けないほど大きな銀行です。地方銀行なので、神奈川県と東京都の全域、群馬県の一部に対象が限られています。
 
金利は年3.5%~14.6%、最高限度額が800万円となっていて、金利が低く限度額も高めというとても魅力的な条件です。限度額が300万円以内なら収入証明書の提出も必要なく、免許証などの身分証明証のみで借りられます。最短でその日のうちに審査の結果が出て、即日融資も可能となっていますが、基本的にはカードが手元に届いてからの融資となるので、横浜銀行の口座を持っていない人は即日融資はできません。
 
すでに横浜銀行の口座を持っている人で、インターネットバンキングを利用している方は、最短で即日融資が受けられる可能性があります。
 
横浜銀行カードローンにはSMBCコンシューマーファイナンスが保証会社につきますので、銀行と保証会社の両方の審査に通過する必要がありますが、過去に延滞などをしておらず、無理のない金額を借りるのであれば十分に可能性はあります。
 
 

専業主婦や年金受給者でも借りられる?

横浜銀行カードローンの申し込み条件は、「20歳以上69歳以下で安定した収入のある方」となっています。「安定した収入」という判断基準は金融機関によって異なってきますが、一般には公務員のような収入でなくても毎月途切れずに一定の収入があれば可能だという解釈がされています。
 
パートやアルバイトでも毎月一定の収入が途切れずにあるなら申し込みが可能です。ただし学生はアルバイトで収入を得ていても申し込み不可となっています。銀行なので総量規制の対象外であり、専業主婦でも配偶者に安定した収入があるなら、限度額に制限はつきますが、自分名義でお金を借りることができます。
 
また、年金収入が「安定収入」として認められるかは金融機関によって異なりますが、横浜銀行カードローンでは年金受給のみの方でも申し込み可能となっています。
 
パート・アルバイトや専業主婦、年金受給者は高い限度額で借りることはできませんが、横浜銀行カードローンでは最高でも金利が14.6%となっているので、消費者金融よりもはるかに低い金利で借りることができるのが魅力的です。
 
 

職場への在籍確認があります

信販会社、消費者金融では職場への在籍確認を行わないところもありますが、銀行でお金を借りる場合には必ず在籍確認が行なわれます。低金利でお金を貸すということは貸し倒れのリスクが大きいので、それだけ貸し出しには慎重になります。
 
職場に在籍確認の電話が行くと聞いて心配になる人も多いと思いますが、横浜銀行の場合は担当者の個人名で電話をかけるので、ローン審査の電話だとバレる心配は少ないでしょう。もしも電話を受けた事務員や職場の人に怪しまれたとしても、クレジットカードの審査を受けたとでも言っておけばそれ以上怪しまれることはないと思います。
 
最後に、いくら低金利とはいっても、借金をしていることに変わりはありません。お金を借りずに手持ちのお金だけでやりくりしている人と比べたらどうしても利息の分は損をしていることになってしまいます。審査に通ったからといって安易に限度額いっぱいまで借りたりせず、無理のない金額を借りて、計画的に返済をしていきましょう。

 

地銀、信金、労金、その他

常陽銀行カードローン「キャッシュピット」の保証会社は消費者金融のアコムである




スポンサーリンク

キャッシュピットは幅広い人が利用可能なカードローン

常陽銀行には「キャッシュピット」と呼ばれているカードローンが用意されていますが、常陽銀行と言うのは茨城県に本店が在る地方銀行になります。支店は、東京都や千葉県、埼玉県、栃木県などを初め、東北エリアには福島県や宮城県、関西エリアには大阪府などに支店を持ちます。
 
常陽銀行の「キャッシュピット」の特徴は、銀行のカードローンと言う事からも低金利であること、そして利用限度額は最大で500万円、20歳以上70歳未満の安定・継続収入が在れば、学生や主婦、そして年金受給者も申し込みが出来るなどになります。
 
幅広い人が利用できるカードローンは、審査を受ける事で収入や返済能力に応じて利用限度額が決められ、利用限度額の範囲内で、何度でも繰り返しお金を借りる事が出来るため、急にお金が必要になった時でも安心感を得られると言うメリットを持ちます。
 
また、常陽銀行との取引を行っているなど口座を持っている事で即日融資が可能になると言ったメリットもあります。
 
 

保証会社の審査を受ける事になります

常陽銀行の「キャッシュピット」は、年金受給者も申し込みが出来るなど幅広い人が利用できるメリットがありますが、借りたお金の使い道も原則自由になっているため、趣味に利用をすることも出来ますし、引っ越しや家電品購入資金、家具類の購入資金、旅行、結婚式、マイカーの車検など色々な事に利用出来ます。
 
但し、利用使途は自由と言っても事業資金や投資などに資金としては利用出来ないので注意が必要です。
 
申し込みはインターネットを利用する事で、常陽銀行の口座を持っていれば来店不要でお金を借りる事が出来るなどのメリットもありますし、担保や保証人が不要になるので即日融資を受ける事も出来ます。保証人が必要になった場合など、両親や兄弟などに依頼をしなければなりませんが、保証人不要となっているのでスムーズに申し込めるなどのメリットもあります。
 
尚、保証人は不要となりますが、申し込み条件として保証会社の保証を受ける事が必要で、保証会社の審査に通る事でお金を借りる事が出来ます。
 
 

消費者金融からの借金がある場合について

常陽銀行の「キャッシュピット」の保証会社は大手消費者金融のアコムになります。大手の消費者金融と言う事からも知名度がたかいわけですが、アコムは常陽銀行のカードローンの信用保証業務を行っており、申し込み者の審査を行って融資をするか否かを決めていると言う事です。常陽銀行とアコムでは審査を行う際の個人信用情報に相違が在ります。
 
これは銀行と貸金業者は異なる信用情報機関に加盟を行っているからで、個人信用情報の中に問題があると融資をして貰う事が出来ないと言う事です。常陽銀行は、消費者金融からの借金があるかどうかを知ることが出来ません。
 
しかし、アコムは消費者金融からの借金があるかどうかは、貸金業者が加盟を行っている信用情報機関の個人信用情報を照会する事が出来るため、借入れが既にあるのか否かを確認する事が出来ようになっています。
 
このことからも、消費者金融からの借金が在る場合、借入額によっては融資を断れてしまう事も有ります。

 

地銀、信金、労金、その他

総量規制対象外の福岡銀行カードローンのナイスカバーでお金を借りる方法とは?




スポンサーリンク

福岡銀行はカードローンのサービスを行っています

日常生活を送っていると急な友人の結婚式や、旅行に行くための資金など様々な理由でお金が必要になってくると思います
 
お金を借りる方法としては、消費者金融が行っているキャッシングなどもありますが、安全面を考慮して銀行系のカードローンを利用したい人も多いでしょう。
 
九州に住んでいる方にとって馴染みの深い地方銀行として、福岡銀行を挙げることができます。ふくおかフィナンシャルは、銀行グループの中でトップ10にランクインするほど資金力のある銀行グループと言えます。
 
福岡銀行のサービスには、メディカルローンやメモリアルローン、バイクローンなど多彩な商品が取り揃えられています。カードローンのサービスも行っており、ナイスカバーという商品を販売していて、様々な目的のために使うことができます。
 
大手銀行から借金をすることに対して、審査を通るかどうか不安を感じている人の場合には、地方銀行のサービスを視野に入れてみることがおすすめとなります。
 
 

ナイスカバーは低金利の融資サービス

ナイスカバーの申込み条件としては、安定した収入を得ている人で、年齢が20歳以上から60歳までの人となります。年齢条件として60歳を超えているお年寄りの方は利用できませんので、申込みをするときには注意が必要です。
 
申込み可能な条件としては職業内容は含まれませんので、収入があればアルバイトやパート、非正規雇用の方も利用できます。
 
申込み方法は電話や郵送、FAX、インターネット上からの方法が用意されています。借り入れの方法としては、銀行口座に直接的に振り込んでもらう方法と、カードを受け取ってATMから借り入れをする方法が選択できます。
 
融資可能な金額の設定は300万円から1000万円までとなっていますので、かなりの大きな金額の融資が可能なカードローンと言えます。金利は実質年率で8.5%から14.5%ですので、消費者金融などから融資を受けるのであれば、福岡銀行から借り入れをしたほうが、返済金額を大きく節約することにつなげることが可能です。
 
借り入れ契約を締結するためには、本人確認書類として運転免許証が必要になりますので、事前に準備しておきましょう。
 
 

WEB申込みと郵送の申込みによる手続きについて

福岡銀行のカードローンでは、申込みを受けてから即日のうちに審査回答を行うことは可能ですが、即日融資には対応していませんので、すぐに資金が必要な人の場合には注意しなければならないと言えます。インターネット上から申込みを行うと、審査の結果の連絡があり、申込みの確認が行われます。
 
WEB完結申込みをしたときには、振込み融資の手続きが完了するまでには最短で2営業日が必要となり、郵送による申込みを選択した際においては、最短で8営業日後に融資を受けることが可能です。
 
WEB完結申込みを利用するためには条件があり、福岡銀行の普通預金のキャッシュカードを持っていることや、届け出住所が現住所である方、本人確認を済ませてある方が使うことができます。
 
福岡銀行の普通預金口座を持っていない人の場合には、郵送による借り入れとなりますので、事前に把握しておくことがおすすめです。福岡銀行には教育ローンのサービスも行われていますので、用途が教育費と決まっているときには、教育ローンを選択する方法もあります。

 

地銀、信金、労金、その他

りそな銀行カードローンには少額融資のクイックカードローンと大口融資のプレミアムカードローンがある




スポンサーリンク

銀行で融資を受けるときの3つのメリット

お金を借りる場合、借入先は様々あります。消費者金融や銀行、信販系のクレジットカードのキャッシングです。それぞれにメリットとデメリットがあります。
 
例えば消費者金融は審査も緩く、最短で即日融資を受けることもできますが、総量規制によって年収の3分の1以上の借り入れをすることはできません。クレジットカードのキャッシングも総量規制の対象で、金利も比較的高く設定されています。すぐにお金が必要なときにはとても便利ですが、あとあとコストが高くなってしまうのがこの2つです。
 
銀行のカードローンは審査が厳しく、契約まで時間がかかってしまうものの、金利が低く設定されているのが特徴です。また年収による制限がない(総量規制対象外)ため、まとまった資金が必要な場合に利用することができます。その銀行に預金口座があると金利がさらに優遇されるようなケースもあります。銀行のローンは他社と比べてイメージが良いというのもメリットでしょう。
 
 

プレミアムとクイック

りそな銀行はメガバンクに次ぐ日本で第4位の銀行です。メガバンクだと思っている人も多くいるようですが、りそな銀行自身はメガバンクだという認識をしていません。
 
通常銀行は3時に業務を終了してしまいますが、りそな銀行は5時まで営業しており、一部では土曜日も営業をしている少し変わっている銀行です。
 
りそな銀行には2種類のカードローンが存在します。1つはプレミアムカードローンです。こちらのローンはカード自体の限度額が大きく設定されており、低金利でまとまった資金が必要な人向けのローンです。年収が400万円以上で安定した収入がある人が申込をすることができます。
 
クイックローンは限度額が低いものの、年収や勤続年数による制限が特にありません。小さい枠を利用する場合はクイックローンを選択すると良いでしょう。申込をして仮審査の結果は、最短で即日連絡してもらうことができます。ただしそのあとに本審査があるため、即日融資には対応していません。
>>三井住友銀行カードローンは即日融資である
 
 

審査の内容と本人確認

消費者金融や銀行など、ローンを組む場合は必ず本人確認・在籍確認というものがあります。申込書には勤務先の電話番号を記入しなくてはなりません。これはきちんと申込内容が正しいかという確認のためです。在籍確認は必ずしも本人が出る必要はありません。
 
別の人が出た場合で不在でも、外出中や本日はお休みなど、その職場に勤めていることが確認できれば良いのです。消費者金融の場合は個人名でかけてきて、会社名を名乗ることは少ないです。銀行の場合ははっきり銀行からの電話であることを伝えるケースが多くあり、会社の人に何か金融商品の契約をすることがわかってしまう場合があります。
 
借金をする予定が会社の人にばれたくない場合は、在籍確認のときに個人名でかけてきてくれる銀行や消費者金融を選ぶとよいでしょう。ただしローンの契約であるとは言いませんので、銀行=借金をするとすぐに結びつくことは少ないでしょう。
 
無事に確認が取れた段階で契約となりますが、カードの郵送に時間がかかるので、融資を受けるまでの期間は申込から1週間程度を見ておいたほうが良いです。

 

地銀、信金、労金、その他