お金を借りる

今すぐお金を借りれるカードローン

住民税を滞納した場合は、役所に懇願して分割返済をするのがいい?


スポンサーリンク

分割納付出来ることは知っておきたい

住民税滞納はそのまま放置すると、必ず差し押さえを食らってしまうので、何かしらの対策を立てる必要があります。
 
住民税滞納をしても免除されることはなく、放置すると督促状がやってくるので、このパターンになりますと、そのまま放置するなら差し押さえは覚悟しなければなりません。
 
この差し押さえというのは口座を抑えられますし、自宅にやってきて自動車なりテレビなり、お金になるものは没収されます。こうなると生活に大きな影響が出てくることからなるべく差し押さえだけは回避するように考えることが大事です。
 
住民税滞納で督促状から差し押さえの匂いがする場合はすぐに役所へ行きましょう。これは別に電話でも構いませんが、本当に支払うことが出来ない場合は役所に出向いて、自分の銀行口座など、本当にお金がないことを証明することが大事な時もあります。
 
役所に連絡をすると、基本的に分割納付について話を聞くことが出来ます。どのくらいの金額から分割納付出来るのかは個人差、あるいは地域差があるので、これは相談次第となります。
 
住民税滞納で困っている人はしっかりと役所に相談をして分割納付をしていくようにしましょう。
 
 

分割にするコツ

基本的に自分が確実に支払える金額に設定することが大事です。
 
どのくらいの金額で分割させてもらえるのかによっても変わってくるのですが、あまり無理をして大きな金額で分割しても、この分割の支払いは無理をいってお願いして分割にしているわけですから、しっかりと分割支払いは遅れないように支払いをすることが大事です。なるべく確実に支払いをすることが出来る金額から分割をしましょう。
 
人によって、又は地域によっては自分が希望している内容から分割の支払いをすることが出来ないケースがあります。そんな時は毎日のように役所へ相談をするという意気込みが大事であり、これはしっかりと交渉を粘りましょう。こうして交渉を粘りますと、本当にお金が無くて自分が希望する金額でなければ支払えないという事をしっかりと伝えることが出来ます。
 
また、分割の考え方として分割をしながらも、新しく発生する住民税は極力支払いをすることが大事です。そうしなければ分割の金額によっては借金が溜まっていく一方になります。収入を上げるなど、とにかく資金を確保して収支のバランスを改善することを考える事が一番大事です。
 
 

キャッシングで返済する戦略もあり

分割をすることが厳しいという状況になった時、もう差し押さえを食らうか、あるいは金融会社から資金を借入するか、このどちらかの選択となってきます。
 
どうしても差し押さえだけは回避したいという人はキャッシング等を利用して必要な金額を借入してしまい、住民税を先に支払ってしまう方が得策なことがあります。
 
この理由はキャッシングやカードローンの場合、金利は限度額にもよりますが、住民税にかかる延滞金よりも金融会社の金利の方が高くなるケースは多いですが、キャッシングやカードローンの場合はそこそこ大きな金額を借りても返済時に分割払いをする際に月々1万など、低い金額から返済計画を考えることが出来ます。
>>1万円をキャッシングで借りる。少額借入の注意点は上限金利が適用される
 
そのため、もし分割払いで自分が希望する金額が受け入れられなかった場合に高額な分割をすることはもう生計が成り立たなくなるので、それなら金融会社からお金を借りて住民税を完済してしまい、金融会社で自分が返せる返済額を設定して支払いをするほうが、財産の没収を避けれることがあります。
 
これは本当にケースバイケースですが、どうしてもお金がなくて分割内容もかなり厳しいという人はこうした方法も検討しておきましょう。

 

abc 税金