お金を借りる

今すぐお金を借りれるカードローン

専業主婦の人も借入られるみずほ銀行カードローンの魅力は?配偶者の同意が無くとも借入OK


スポンサーリンク

専業主婦は銀行でお金を借りよう

専業主婦がお金を借りるときは、低金利の銀行ローンをおすすめします。金利が低いほど利息の支払いは減るので家計に優しいのです。
 
専業主婦に貸出してくれるローンには、みずほ銀行カードローンがあります。
 
年率の上限が14.0%と低いので、消費者金融よりもかなりお得です。限度額は最高30万円なので、30万円を借りた場合を想定して利息を考えましょう。3万円と30万円では利息が10倍も違ってくるのです。
 
配偶者の同意がなくても借入はできますが、後から知られてしまう事態を防ぐためにはあらかじめ話しておくといいです。配偶者の属性を基準にして審査を受けるので、話しておくのが筋でしょう。
 
 

事前に口座を開設しておこう

みずほ銀行カードローンは低金利でお得ですが、みずほ銀行の口座がないと申し込みができません。すでに口座開設をしている方なら、即日で融資を受けることが可能です。これから口座開設から始める場合は、借入までに2~3週間くらいかかると考えておきましょう。
 
口座がない方は融資まで時間がかかりますが、それを考慮しても金利が低いので十分なメリットがあります。
 
カードローンは一度契約してしまえば、いつでも即日で借りることができるのです。審査や契約に時間がかかっても、契約後ずっと低金利で借りられるメリットは絶大です。
 
消費者金融は審査スピードでは早いですが、年率は最も高くなっています。
>>生活費不足でピンチ!消費者金融アコムは即日融資でキャッシングOK
 
 

WEB完結なら来店不要で借りられる

みずほ銀行カードローンはWEB完結が利用できます。みずほ銀行の普通預金口座を開設していれば、来店することなく融資を受けられるのです。
>>モビットはweb完結は審査も融資まで時間も早い
 
ローンカードの送付には1週間くらいかかりますが、みずほ銀行のキャッシュカードをお持ちならローン機能を付帯できます。カードを1枚にまとめたい方は、お手持ちのキャッシュカードにローン機能を追加しましょう。
 
すぐに借りたいという方には、店頭での申し込みをおすすめします。その場で審査、契約手続き、カード発行が行われるので、すぐに借りることができます。口座開設も同時に行うので少し時間はかかりますが、当日中に借りられる可能性が高いです。

 

タグ :

地銀、信金、労金、その他 abc 専業主婦、主婦

専業主婦や無職がお金を借りる方法はある?銀行カードローンやクレカのキャッシング枠の利用?


スポンサーリンク

借金は難しいが借りる方法もある

経済的に困っていてどうしても借金をしなければならないという状況は、どんな人にでも訪れる可能性があります。
 
そんなときにキャシングやカードローンがあると、いざというときに慌てなくて良いです。すぐに使う予定がなかったとしても、いざというときのために契約をしておくのは良い方法だと言えるでしょう。
 
ただ、キャッシング契約をするためには収入が必要だったり、あるいは年齢に関する条件があったりしますから、原則として専業主婦や無職で全く収入のない人はお金を借りることは出来ません。
 
しかし、完全に不可能というわけではなくて、例外的に借りられるケースもあります。では、具体的にはどうすれば良いのでしょうか。
 
専業主婦や無職の人に対して積極的に融資を行う業者はほぼないと考えておいた方が良いです。あるとすれば闇金のような怪しい業者である可能性があります。怪しい業者からは借りないのが一番です。
 
まともな融資を行っている業者からは借りることができないのかというと、そうでもありません。方法をきちんと選べば、大手の銀行などから借りられる可能性もありますし、ほかの方法で資金調達が出来る可能性もありますから、ここで紹介したいと思います。
 
 

消費者金融からの借り入れは難しい

お金を貸してくれる業者として真っ先に頭に浮かぶのが消費者金融でしょう。消費者金融は融資の基準が緩くて借りやすいというイメージが定着しているようです。しかし、収入が全くない主婦や無職の人の場合にはあきらめた方が良いです。
 
申し込み条件を見れば分かると思いますが、消費者金融は安定した収入のない人に対しては融資を行いません。もしも収入がないのに融資してくれる業者を見つければ、それはもはや闇金だと考えておいた方が良いです。まともな業者なら収入のない人には融資を行わず、そのために収入がなくてもお金が欲しいという人が闇金にはまっていくのです。
 
消費者金融は収入のない人に対して融資を行わないのですが、その理由は法律による規制です。法律でそう定められていますから仕方がないのです。しかし、消費者金融でなければ融資を行ってくれるケースもあります。
 
主婦や無職の人が借りたいと思ったときには、消費者金融に新規に申し込みをするよりも、ほかの業者に申し込みをした方が成功率は高いと言えるでしょう。具体的には銀行カードローンクレジットカードのキャシング枠などがあります。これらについて把握しておくと良いです。
 
 

消費者金融以外からなら借りられる

消費者金融は、原則として収入のない人に対して融資を実行することは出来ません。その理由は法律による規制なのですが、この法律の効力が及ばない金融機関なら借りられる可能性はあります。その代表が銀行です。
 
銀行は、消費者金融とは別の法律が適用されて、こちらの法律では細かい規制はありません。ですから、専業主婦や無職の人であっても、融資を受けられる可能性はあります。銀行も積極的にカードローンのサービスを提供していますし、中には主婦向けのローン商品を提供しているところもありますから、これらを検討してみる価値はあるでしょう。
>>専業主婦が旦那の同意を得てキャッシング借入をする場合、審査対象は旦那となる?
 
もう一つの方法はクレジットカードの利用です。クレジットカードにはキャシング機能がついていることが多いです。すでにクレジットカードを持っている人の場合、キャシングを利用できないかどうかを確認してみると良いです。
 
ここ最近で新しくクレジットカードを作った人なら、たいていはキャシングの機能が付属しています。借り入れの出来る金額は数十万円と少額である場合が多いのですが、すでに利用できるのならATMで簡単に借りられますし、あるいはネット上で手続きをとることが出来ますから、確認してみましょう。

 

abc お金を借りる abc 専業主婦、主婦

パート主婦がカードローンの借入限度額を確実にアップする方法とは?


スポンサーリンク

主婦でも作れるカードローン

カードローンは基本的に一定条件を満たす人であればだれでも作ることができます。そのため主婦であっても、一定条件を満たしさえすればカードローンを作ることができるのです。
 
ではそこで満たすべき一定条件としてはどういったものがあるのかと言うと、やはり最も重要になるのは収入があるということでしょう。この収入としては主婦である本人の収入が当然該当してきますので、パートなどで働きに出ているのであればそのままカードローンを作ることができるとして判断されます。
 
働いていないため本人の収入が無いという場合だと総量規制の影響を受ける消費者金融ではカードローンを作るのは難しいのですが、夫などに収入があるのであればその収入の額を参照して借入をすることも可能です。ただ総量規制は本人の収入額を参照しますから、こうした場合は総量規制の影響を受けない銀行系業者を選択しなくてはならないということは覚えておきましょう。
>>専業主婦が旦那の同意を得てキャッシング借入をする場合、審査対象は旦那となる?
 
あとは過去に債務整理や返済の滞納などの金融事故を起こしたりしていない、他社からの借入が過剰になっていないなどの条件を満たしさえすれば、主婦であってもカードローンを作ることは十分に可能なのです。そのため使いすぎに注意をして、計画的に利用していきましょう。
 
 

借り入れ限度額とは何なのか

このカードローンを利用するにあたって常に意識をしていなくてはならないものとなるのが借り入れ限度額です。
 
ではこれはどういったものなのかと言うと、簡単に説明すれば「それぞれの契約者がどれだけお金を借りることができるか」ということを示す値だということになります。
 
これが10万円に設定されているのであれば10万円までしか借りられませんし、50万円なのであれば50万円までしか借りられません。これはさまざまなことを考慮して決められるのですが、例えばそれぞれの人がどれだけの収入を持っているのかということは当然考慮されますし、他社からの借入総額についても考慮されます。
 
またこれまでクレジットカードやキャッシングなどを含むお金の借り入れにおいてしっかりと返済してきたかどうかということもチェックされ、そこでしっかりと返済がされていたというようであれば、通常よりも高い借り入れ限度額を設定してもらうことも可能です。
 
こういったことは全て「信用」という言葉で表すことができますから、基本的に信用が優れている人ほど多くのお金を借りることができ、逆に信用に問題がある人は少しのお金しか借りられないということになります。
 
 

増額はどうすれば良いのか

さて、それでは本題の「主婦が借り入れ限度額を増やすにはどうすれば良いのか」ということを考えてみましょう。
 
まず先ほど述べたように、カードローンでは信用が優れているほど限度額が増えていきます。しかし主婦である以上は収入を増やすということはそこまで簡単ではありません。特に夫の収入に依存する形で利用をしているのであれば、かなり厳しいと言えるでしょう。
 
したがって有効な方法となってくるのは「利用を重ねて信用を獲得していく」ということになります。カードローン業者にとってお金を借りてくれる相手はお客さんであり、そしてそれを返済してくれるようであればもっとお金を貸して、利息による利益を得たいと思うものです。
 
そのため「定期的に借り入れをしてしっかり完済してくれる」というような人と契約したのであれば、もっと多くのお金を借りてほしいと考えるのが基本なのです。
 
よって主婦がカードローンの借り入れ限度額を増やすことを望むのであれば、一度に多額のお金を借りるのではなく少額であっても継続してお金を借り、それをしっかり完済するということを繰り返していくのが一番の近道です。
 
十分な信用が培われたということであれば業者から増額可能だという連絡がきますし、自分から申し込むことでも検討してもらえます。

 

abc 専業主婦、主婦

専業主婦が旦那の同意を得てキャッシング借入をする場合、審査対象は旦那となる?


スポンサーリンク

専業主婦のお金の借り方は2種類ある

カードローンから専業主婦がお金を借りる時はその方法は2種類あります。
 
一つは専業主婦でも自分名義から申し込みをして契約をする方法、もう1つは専業主婦なので返済能力がないことから旦那の返済能力を使って申し込む方法です。
 
旦那が債務者で専業主婦がカードローンを借りる場合、配偶者は審査対象となるかどうか、これは上記で紹介した2つの方法において後者である旦那の返済能力を頼って申し込む場合は配偶者が審査対象となります。
 
そのため、この内容から申し込みをすると旦那は債務者であり、債務者としてどのくらいの債務を背負っているのかによって審査結果はかなり大きく変わってきます。俗に配偶者貸付と言われてます。
 
このように配偶者が審査対象となるかどうかは申し込む時に誰名義で申し込みをするのかによって変わってくるので、これは覚えておきましょう。
 
また、債務者がカードローン審査を受ける時は債務者が持っている債務の内容が非常に大きく審査に影響するので、基本的に債務があるほどカードローン審査に合格することが難しくなってきます。これから専業主婦のカードローン申込を行うのであれば、上記の内容をしっかりと把握しておき好ましい選択をしましょう。
 
 

専業主婦の自分名義での申込方法

一般的に専業主婦というのは家庭に専念しており、仕事をしていないことからカードローンを自分名義で利用することが出来ないと思っている人はかなり多いですが、実際のところは専業主婦でも自分名義からカードローンの契約をすることが可能です。
 
これには少しコツがあります。まず、申込先を選ぶ時は必ず申込条件を確認しておき、主婦ではなく専業主婦でも申し込み可能となっているカードローンをことが大事です。これは銀行の収入系書類不要の融資から探せば良いです。
 
そうすると、基本的に申込条件をクリアすることが出来ると後は審査を突破するだけとなりますが、収入証明が要らない内容ならば返済能力が問われないので専業主婦でも簡単に審査に通ることが出来ます。
 
この方法を消費者金融でやろうと思うと、上記で紹介した条件を満たせる会社がなかなか見つからないので、インターネットから銀行の情報をリサーチして、銀行を中心として申込先を探していくと良いです。また、余談ですがこうして専業主婦でもお金を借りることは意外と簡単ですが問題点は返済にあることを知っておきましょう。
 
収入が無いのにどうやって返済をするのか、これを何とかしなければなりません。
 
 

専業主婦ではなく働く主婦になること

今の世の中はアルバイトやパートを探すことは昔以上に簡単です。WEBからでもアルバイト探しをすることが出来ますし、仕事をしたい時は割と簡単に求人を見つけることが出来ます。
 
マイナビバイト
http://baito.mynavi.jp/
 
タウンワーク
http://townwork.net/
 
専業主婦がカードローンを利用する際に返済が最大のポイントになってきますが、とにかく返済は返すことが出来る金額を稼がなければ借金を返すことが出来ません。
 
これを考えると、専業主婦ではなく働く主婦となり、すこしの金額でも良いので収入を得ることが大事です。小さな収入でも稼ぎを持つことが出来ると、かなりカードローンを申し込む会社の選択肢が多くなります。
 
こうしたメリットも出てきますし、出来れば申込先を探す前にアルバイトやパートから先に仕事を探しておきたいところです。専業主婦としてお金を借りてから返済するためにアルバイトやパートを探すという場合、これは収入の状況によっては増額を検討することが出来ます。
 
限度額を今よりも大きく持つことが出来ると、それによって自分に採用される金利が下がることもあるので、何かと大きな限度額を持つというのはメリットがあることを知っておきましょう。このように主婦の借り方は色々とあるので覚えておくと良いです。

 

タグ :

abc 審査 abc 専業主婦、主婦