お金を借りる

今すぐお金を借りれるカードローン

お金をキャッシングで借りる時の利息~長期の返済は利息も高額になり、元金は減らん


スポンサーリンク

キャッシングはとても危険?

キャッシングは、思っている以上に簡単に借りられます。銀行カードローンでは属性が良好でないと審査に通ることは難しいですが、消費者金融では比較的だれにでもお金を貸しています。
>>消費者金融や街金でキャッシングしてると銀行での借入審査は不利?
 
しかし、社会人経験の少ない人は、キャッシングをまるで自分のお金のように利用してしまう人がいるので注意が必要です。
 
一般的に、「審査に通る」ということは、自分にそれだけの能力があると認められたということです。しかし、キャッシングのハードルはとても低く、「最終的に利息も含めて貸したお金を返してもらえればそれでいい」というスタンスの会社もあります。
 
利用者が返済でどれだけ苦労をしようと、生活が困窮して痩せ細ろうと、金融機関には関係ないのです。感覚がマヒして借りすぎないように自己管理をしっかりとしましょう。
 
 

返済するときの利息

リボ払いで10万円を3年かけて返済したときの利息は、およそ12万9千円です。10万円を3年間借りるために3万円の手数料を払っていることになります。金利は17.8%で計算しています。
 
もちろん、お金を借りなければクレジットカードを延滞してしまっていた、破産の危機だった、ブラックリストに載っていたというようなリスクを回避できていたとしたら、3万円は安いと思うかもしれません。
 
でも、借りた金額が20万円ならおよそ6万円、100万円なら30万円です。基本的には借金をしないで手持ちのお金だけでやりくりしている人が世の中の大半ですから、そういった大勢の人達と比べて自分はそれだけ損をしているということを自覚しましょう。
 
この場合リボ払いが悪いのではなく、返済期間を長くしたのが問題です。
 
 

毎月多めに返していく

カードローンでは、毎月の最低返済額はとても低めに設定されています。10万円を借りた場合ですと、毎月2千円を振り込めばOKというカードローンもたくさんあります。
 
しかし、毎月最低額だけを返していったのでは、いつまで経っても元本は減らず、利息だけを永遠に支払っていくということにもなりかねません。そこで、給料が入ったとき、ボーナスが出たときなどに一括で大きめの金額を振り込むことが大切です。
 
カードローンでは、限度額の枠内ならいつでも追加融資ができますが、前の借金を完済できていないうちに追加融資をしてしまうと計算が複雑になり、感覚がマヒしてしまう原因になります。
 
前の借金を一度完済をしてから追加融資を受けるようにしましょう。借金が常態化してしまうと非常に危険です。
>>借金返済のためにお金を借りる人~借金の自転車操業がダメ。多重債務に簡単に陥る

 

コラム abc 利息・金利