お金を借りる

今すぐお金を借りれるカードローン

クレジットカードの現金化を避けるべき理由~更に借金を増やすことになるので最終的には債務整理?


スポンサーリンク

クレジットカードのシステム

クレジットカードは、消費者金融と信販会社のサービスを合わせて持っているようなカードです。というのは、カード一枚で、現金を借りることが出来て、更に店などで買い物をすることも出来るからです。
 
なぜこうしたことが可能なのかというと、クレジットカードにはキャッシング枠とショッピング枠という、二つのローンのシステムが存在しているからです。
 
店で商品を買ったり、有料サービスの代金を支払ったりするのはショッピング枠があるからで、翌月一回払いだけではなく、分割払いやリボ払い、ボーナス一括払いといった複数の支払い方法を選択することが出来ます。
 
 

ショッピング枠とはどういうものか

キャッシング枠とショッピング枠の大きな違いは、お金がカード会社からどこに渡るかです。
 
キャッシングの場合はカード利用者に渡りますが、ショッピング枠を使った場合は加盟店、つまり、クレジットカードを使われた店にお金が渡ることになります。なので、カードの利用者は商品を買ったり、有料サービスを受けることは出来ても、現金を手にすることは出来ません。
 
こうしたシステムの違いから、多重債務者の中には、キャッシング枠は使い切ってしまったが、ショッピング枠の利用限度額にはまだ余裕があるという人も少なくありません。そういった人をターゲットにするのがクレジットカード現金化業者です。
 
 

カードの現金化は禁止されている上に大きな損になる

カードの現金化とは、カードの利用者がショッピング枠で商品を購入し、それを店に買い取ってもらうことで現金を手にするというものです。この方法を使えば、キャッシング枠が使えない人でも、クレジットカードを持っていればお金を手に入れることが出来るのです。
 
参考:
【実録】「クレジットカード現金化」の看板に釣られ店内に入ったらこうなった
http://rocketnews24.com/2014/01/08/400926/
 
しかし、この方法はカード会社に禁止されているというだけではなく、債務があっという間に増えてしまい、債務状況が悪化するという大きなデメリットがあります。というのは、現金化業者は、当然、利用者の足下を見て商品を買いたたくので、カードを使ったことによる債務と手にした金額が大きく異なるからです。
 
たとえば、10万円のものをカードで買って、業者に5万円で買い取られるという風になってしまうのです。

 

abc クレジットカード

海外旅行で現地通貨が足りなくて、オリコカードのキャッシングで現金を借り入れ


スポンサーリンク

用意していた現地通貨が足りなくなった

妻と新婚旅行をしていた時のことです。あらかじめ銀行に行って、現地通貨に両替していたのですが滞在中に通貨をほとんど使いきってしまいました。
 
それなりに現地通貨を準備していたのですが、同僚などにお土産を購入していると、思ったよりも費用がかさんでしまい、現金がどんどん財布から出ていってしまいました。
 
クレジットカードを使ってショッピングする方法もありましたが、海外だと不正をする輩もいるといった話を聞いたことがあったので、極力使いたくないなと思っていました。また小さなお店だと、カードそのものを受け付けていないショップもたくさんあります。
 
現地の両替で通貨を調達するとなると、コストがかかるという話を耳にしたことがありました。まさか海外旅行で、お金の調達で頭を悩ませることになろうとは予想もしていませんでした。
 
そんな時ミネラルウォーターを購入するためにコンビニに立ち寄ると、ATMがあるのを目にしました。そしてATMを見てみると、オリコカードも利用可能と書かれていることに気が付きました。
 
 

英語で若干苦戦したけれども

妻にミネラルウォーターなどの買い物は任せて、自分はそのATMに行って手持ちのオリコカードを入れて、キャッシングの手続きをしました。
 
関連記事:
>>カードローンでのキャッシングではなくクレジットカードのキャッシング枠も便利
>>副業の初期投資で楽天カードのキャッシング枠を利用して10万円を借りた
 
画面にはもちろん英語しか出てこなかったので、ちょっとつっかえるところもありましたが、何とか手続きを済ませられました。そして海外旅行の残りの滞在日程数分の資金を何とか集めることができました。私が現地の通貨を手に持っているのを見て、妻はびっくりしていましたが、事情を説明すると納得してくれました。
 
オリコカードのキャッシングですが、リボ払いにも対応しているのは返済するときに大変重宝します。私の場合、月々1万円からの返済にも対応できたので、海外旅行や結婚式の費用の捻出でさびしい状態になっていた貯金から何とか捻出できました。
 
海外旅行をする時には、いざというときのためにオリコカードや楽天カードなどのクレジットカードも持参した方が良いと思います。
 
(体験談)

 

abc クレジットカード 体験談

副業の初期投資で楽天カードのキャッシング枠を利用して10万円を借りた


スポンサーリンク

趣味で始めた副業

昼間は会社勤めをしていて、職場ではアルバイトなども特に禁止されているわけではないのですが、一日中仕事をした後に別の職場に行って働くというのは体力的にきついので、副業は今まで経験したことがありませんでした。
 
でも少し前からネットオークションにハマり、断捨離も兼ねて自宅にあるものをたくさん処分した所、予想以上の利益になったので、すっかりハマってしまいました。
 
そんな時にネットオークションで儲ける副業があることを知り、トライすることにしました。郵送用の梱包材や仕入れなどにかかる費用を自分で見積もったところ、10万円ぐらいすることが分かったのですが、貯金がなかったので金融機関から借りようと思っていろいろリサーチしてみました。
 
いろんな借り方や返済方法がある中で、できるだけ自分にピッタリの方法を見つけたかったですね。
>>クレジットカードで借りたお金の返済がピンチの時の対処方法とは?
 

楽天カードでポイントもゲット

私が気に入ったのは、楽天カードで借りる方法です。現金を借りて返すというわけではなく、楽天カードを作ってキャッシング枠を利用するという借り方なのですが、これ、楽天をよく利用する人には取ってはおすすめです。
>>カードローンでのキャッシングではなくクレジットカードのキャッシング枠も便利
 
お金を借りることでもポイントが溜まったり、ネットバンクが使えるなど、忙しくてできるだけ副業で外出したくない私にはピッタリだと思いましたし、ポイントをどんどん貯めれば楽天でショッピングする際に使えるので、現金還元率も悪くないのですよね。
 
申し込みから借り入れまで全てWEBでできる点も気に入りました。私は10万円をキャッシングで借りてリボ払いにしたので、毎月1万円ぐらいを返済していますが、毎月払う利息は1500円ぐらいなので、ほとんど気になりませんね。
 
返済すればまだ借りることができるので、副業を長く続ける予定の私にとっては、必要な時にサッと利用できる点も、とても気に入りました。私みたいな副業で初期投資にまとまった金額がかかってしまうけれど、できれば借りながらお得なことも楽しみたいという人にとっては、楽天カードを使う借り方、おすすめです。
 
(体験談)

 

abc クレジットカード 体験談

宮崎信販のクレジットカード、そのキャッシング枠を使ってお金をキャッシング


スポンサーリンク

九州エリアに住んでいる人は必見です

キャッシングと言うと消費者金融をイメージする人も多いのではないでしょうか。しかし、キャッシングはお金を借りる事であり、消費者金融だけではなく、銀行や信販会社なども有ります。
 
信販会社の一つに宮崎信販が有りますが、この会社は宮崎県の宮崎市に本店を持つ信販会社で、クレジットカード会社になります。
 
クレジットカードはキャッシュレスで買い物や食事などの支払いが出来る便利なカードですが、このクレジットカードにキャッシング枠を付けた商品を用意しているのが宮崎信販です。
>>カードローンでのキャッシングではなくクレジットカードのキャッシング枠も便利
 
尚、宮崎信販の特徴の一つとして、豊富なラインナップがある事が挙げられますし、地元宮崎県や九州エリアに住んでいる人々に便利な機能となる、地域密着型と呼べるような特徴を持つカードが用意されているのです。
 
 

カードを作る時の審査について

宮崎信販には多数のカードが用意されているのですが、カードを作る時には当然審査が有ります。
 
審査では個人信用情報を照会して、過去の借金などでの返済の遅れの有無や、自己破産などの債務整理などの有無などについてチェックをして、特別な問題が無ければ契約に進むと言った流れとなります。
 
尚、宮崎信販のキャッシングについては、貸金業法が適用されるので、総量規制の対象となります。そのため、キャッシングの申し込みを行う場合は、年収の3分の1以内での申し込みを行う事、他社からの借金が在る場合は年収の3分の1から借金の総額を差し引いた金額で申し込みをする事が大切です。
 
また、クレジットカードの2つの枠はそれぞれ金額が定められているので、利用額を意識して使い過ぎに注意する事が大切です。
 
 

お金を借りる以外にも色々な用途で使えます

宮崎信販のカードの特徴はお金を借りられるカードだけではなく、お金を借りる以外のサービスの充実性を持つ事が特徴にもなっています。
 
クレジットカード機能を利用する事で、買い物をする事でお得な割引サービスを受けられる魅力やポイントサービスが付与されることや、電気やガスなどの公共料金の支払サービス、九州南部各地で使える「えむ割」などが有ります。
 
「えむ割」と言うのは、MCカードに対するサービスで、MCカードを使って支払いを行うことで、店舗や商品などにより異なりますが、数パーセントの割引が行われるなどのメリットも在ります。
 
尚、利用出来るのは宮崎県から鹿児島県の一部のエリアになりますが、これらのエリア内の飲食店やホームセンター、ガソリンスタンドなど幅広い店舗で利用出来ると言ったメリットも在ります。

 

abc クレジットカード

カードローンでのキャッシングではなくクレジットカードのキャッシング枠も便利


スポンサーリンク

信販会社が行う基本的な業務

カードローンを取り扱っている会社の一つとして信販会社があります。これはいったいどのような会社なのでしょうか。
 
信販とは、「信用販売」の略です。普通に物を買うときには、購入と同時に代金を支払います。これに対して信用販売とは、商品を受け取って後から代金を支払うという形をとります。信用できない人に対してこのようなことはできないでしょう。そのために信用販売と呼ばれるのです。
 
買う人としては、代金の支払いが後で良いというメリットは大きいです。たとえば月末に締めて翌月に支払うという形をとることもあります。ほかにも、分割払いなどのサービスも信用販売の一種となります。信用販売の利便性が高くなったものがクレジットカードのサービスだといえるでしょう。
 
クレジットカードを使えば、信用販売のサービスを簡単に利用できます。信用販売を提供している会社としては、一時的に立て替えているようなものですから、それをしても回収できるのかどうかを判断するときには信用力を見なければなりません。
 
このノウハウは融資を行う際のノウハウと同じようなものですから、カードローンの事業に参入することは、比較的容易だったといえるでしょう。
 
 

信販会社がカードローンを提供するための貸金業の登録

信販会社は、信用販売のサービスを提供するために割賦購入あっせん業者として登録をしています。
 
割賦販売法では割賦購入あっせん業者として登録しなければならないこととなっています。ですから、信販会社は、法的に見れば割賦購入あっせん業者といえるでしょう。しかし、カードローンのサービスの取り扱いをする時には、割賦購入あっせん業者としての登録では不十分で、貸金業者として登録をすることが必要となります。
 
貸金業者と言えば、その代表的なものが消費者金融です。消費者金融と同じように、貸金業者として登録をしなければ、カードローンのサービスを提供することはできません。
 
ですから、これらの会社のウェブサイトを見ると、どこかに必ず貸金業者としての登録番号が表示されているはずです。貸金業者として登録しているということは、法的な位置づけとしては消費者金融と違いがないことを意味します。
 
ですから、総量規制や法定利率についても、消費者金融と同じようなものだと考えておくとよいでしょう。ただ、基本的な業者としての特徴が異なりますから、たとえば消費者金融で借りるよりも有利な場合もありますし、逆に不利な場合もあります。
 
 

信販会社のカードローンのが適している人とは

信販会社のカードローンは、独立したものもありますが、クレジットカードとセットになっているものが多いです。
 
カードローン(キャッシング枠)の取り扱いのあるクレジットカードは多くあり、現在ではどちらかというと、取り扱いのないクレジットカードのほうが少ないと考えられます。申し込みをする時点で限度額を申請することが多いです。
 
ですから、すでにクレジットカードを持っている人なら、キャッシング枠の取り扱いがあるのかどうか確認してみるとよいでしょう。申し込んだことを忘れている人がいるかもしれませんが、実はすでにお金を借りられる状態になっていることもあります。
 
このようなことからも分かるように、オプション機能として提供されていることが多いのです。消費者金融のローンカードが財布に入っていると、お金を借りていることがすぐにわかりますが、クレジットカードはお金を借りない人も利用しているわけですから、特に不自然なことはありません。
 
クレジットカードではない専用のカードであっても、クレジットカードを運営している会社のロゴや名前が入っていれば不自然ではないでしょう。お金を借りていることをほかの人に知られたくはないという人にとっては適したサービスです。

 

abc クレジットカード

クレジットカードで借りたお金の返済がピンチの時の対処方法とは?


スポンサーリンク

クレジットカードの支払いがきつい時はリボ払いに切り替える

仕事が少なくなったり、あるいは転職したりして収入が少なくなり、月々の返済が苦しくなった場合、いくつかの対処方法があります。
 
まず、クレジットカードの返済が苦しくなった場合ですが、リボ払いに切り替えてしまうという対処方法が考えられます。リボ払いというのは、カードの利用代金をそのまま次の返済日に一括で支払うのではなく、利用代金に応じて月々定額の支払いで済むようになるので、返済額を減らすことが出来て、返しやすくなります。
 
たとえば、来月の返済日に5万円を返さないといけないという状況でリボ払いに切り替えると、月々1万円を支払っていけばよくなるのです。
 
リボ払いは分割払いに似ていますが、分割払いの場合、個々の買い物の支払いがすべて足されていくので、1万円の買い物を5つして、それぞれ3回払いで返すということになった場合、月々の返済額は1万5千円になります。つまり、リボ払いであれば、どれだけ買い物をしてもトータルの金額によって返す金額が決まるので、毎月の支払いを抑えられやすくなるのです。
 
また、リボ払いの大きな特徴として、一括払いで商品を購入しても、後からリボ払いに変更出来るというサービスを行っているカード会社が多く、切り替えやすいということがあります。
 
 

カードローンは利息のみ返しても受けつけてくれる

銀行や消費者金融のカードローンの返済が苦しくなった場合ですが、これは利息のみの返済でしのぐというのが一番簡単で、いい対処方法になります。
 
通常、カードローンの返済額は元金と利息を合わせた金額になりますが、利息のみでも受けつけてくれるところが多いのです。利息のみ返すということは、事前に、銀行や消費者金融に連絡する必要はありません。ATMから利息分を入金すれば、そのまま普通に受けつけてくれます。
 
なぜ利息のみでも大丈夫なのかというと、貸金業者側がまったく損をしないからです。貸金業者は、利息収入で利益を上げているため、客には出来るだけ長く、お金を借りてもらって、たくさんの利息を払ってもらった方がいいのです。
 
クレジットカード会社がリボ払いを推してているのもそのためです。利息だけ返す場合、元金はまったく減らないので、その分、貸金業者は長く利息を受け取れることになります。
 
ただ、客の立場からすれば、利息のみ返すということは、収入が少ない月を乗り越える対処方法としてはありですが、トータルの支払額は多くなってしまいますし、元金が減らないので、普通に返すよりも長い間、債務を抱えることになります。
 
 

多重債務で月々の支払いがきつい場合は一本化を考える

複数の債務がある、つまり多重債務であれば、債務を一本化するというのも、毎月の支払額を減らすには有効な方法です。
 
関連記事:
>>他社借入3件、借入総額100万円の場合はおまとめローンにした方がお得?
>>クレジットカードの複数のキャッシング枠で借りたお金はおまとめした方が得?
 
一本化する場合のポイントですが、一本化を前提にしたローンに申し込むことです。というのは、一本化することによって支払額を下げるためには、利息を今、支払っている額よりも出来るだけ少なくする必要があり、一般的なカードローンよりも確実に利率が低いローンというのは、おまとめローンになるからです。
 
今、利用しているローンの利率よりも1~2パーセント程度低い程度の、一般的なカードローンで一本化したとしても、ほとんど支払い金額は変わらないので、あまり意味がありません。
 
また、おまとめローンはに申し込むということは、新たに別のローンに申し込むということなので、審査に落ちる可能性もあるということを考慮しておきましょう。つまり、リボ払いに切り替えたり、利息のみを返済するという方法に比べると確実性がないということです。
 
なので、多重債務で毎月の支払いがきついという場合、きついのが一時的なのであれば、利息のみの支払いでしのぎ、きつい期間がずっとなのであれば、おまとめローンに申し込んで、審査に落とされたら利息のみの支払いでしのぎ、別のおまとめローンに申し込むといいでしょう。

 

abc クレジットカード abc 返済

クレジットカードの複数のキャッシング枠で借りたお金はおまとめした方が得?


スポンサーリンク

複数のキャッシング枠は一つにまとめるとお得

今はクレジットカードを複数所有している人が多いのですが、クレジット機能だけでなく、それに付帯されているキャッシング枠を利用している人も多いことでしょう。
 
そういったクレジットカードのキャッシング枠を利用している人は、いくつかの会社で借り入れをしていると損をすることになります。
 
こういった場合には、まとめるために高額の借入を行うことで、いくつかの借入分を一括で返済して1社にまとめるようにするといいでしょう。おまとめをすることで返済日を統一することができたり、高額の借入で適用される金利を低く抑えることができるようになるからです。
 
通常、多額のお金を借入れるときには金利が低く抑えられるように設定されているのです。ですから、個別に20万円ずつ借り入れをするよりもまとめて100万円などの金額を借りたほうが金利が安くなるというわけなのです。それに比べて、クレジットカードのキャッシング枠は金利が比較的高い上に限度額が低くされています。
 
ですから、いくつかのクレジット会社などで返済している場合では、おまとめをすることで、金利手数料が抑えられるので結果的には返済額が安くなるのでお得になるのです。
 
 

複数のキャッシング枠をまとめる方法

それでは、いくつかのクレジットカードのキャッシング枠をまとめる方法について、2つ挙げてみようと思います。
 
ます、別のクレジットカードで借り入れのトータル分の金額を借りて返済する方法です。これは、一枚のクレジットカードですべての合計を借り入れて、いくつかある借入をまとめるという方法です。
 
現在使っているキャッシング会社ではない他社を利用して、返済にあてていくというものなのです。そうすることで、今までの複数のキャッシング会社に返済する必要はなくなり、新たな1社だけに返済をするようになるのです。
 
次に、消費者金融や銀行カードローンでトータルの金額分を借りて返済する方法です。これは、総量規制対象外になり、年収の1/3以上の借り入れが認められる可能性のあるのです。もしも、その合計が総量規制の1/3を超えていたとしても、その人にとって有利になると判断されたときには多額であっても借り入れが許されることもあるのです。(※銀行の場合)
 
なので、いくつかの会社で借り入れがあって、返済がしにくくなっている多重債務者の人には都合のよいものなのです。ですから、二つの方法を比較した時には、後者のほうがメリットがあるといえましょう。
 
 

キャッシング枠よりも消費者金融・銀行カードローンがお得

クレジットカードというのは本来ショッピングなどのクレジット機能が主であって、キャッシングに関しては限度額が低く設定されていて、金利も高いという特徴があります。ですから、おまとめに不向きである場合もあるのです。
 
しかし、銀行カードローンというのは、限度額も高く設定されていて、金利もわりと低いという特徴があります。ですから、おまとめには向いていることが多いようです。また、銀行カードローンというのは総量規制の対象外になるので、限度額できる可能性もあるのです。
 
おすすめできる消費者金融や銀行カードローンとしては、住信SBIネット銀行カードローンとみずほ銀行カードローンがあります。前者はなんといっても金利が低いというメリットがあります。さらには、限度額も1000万円と高いのです。
 
後者のみずほ銀行カードローンは、他の銀行などと比べてみても、金利が低い設定になっていますが、前者ほどではありません。それでも、みずほ銀行であるので、借りる方からすると安心感があっていいといえましょう。
 
このように、複数のクレジット会社などで借り入れをしていると損になることもあるおで、おまとめという方法を検討してみてもいいでしょう。

 

タグ :

各ローン おまとめローン・借換 abc クレジットカード