お金を借りる

今すぐお金を借りれるカードローン

自動車学校(教習所)のお金を借りる~カードローン?運転免許ローン?クレジットカードのキャッシング枠?


スポンサーリンク

運転免許の取得にかかる費用

運転免許を取得するときは、多くの人が自動車学校へ通って免許を取得します。
 
一発試験を受けて合格する人もいますが、かなり難しいので、教習所へ通うのが一般的です。自動車学校でかかる費用は、どこの学校へ通うかによって異なりますが、30万~35万くらいが平均でしょう。
 
自動車学校では、きちんと技能が身についていないと次の段階へ進めないことがあります。仮免許などの試験に落ちた場合も同様に、受かるまで何度も補習を受けることになり、補習料金が発生します。
 
何度補習を受けても追加料金が発生しないコースが用意されていることが多いので、自信がある人以外は最初から総額料金が決まっていてそれ以上料金が発生することがないコースを選んでおいたほうが無難です。中には補習が20回を超える人もいます。
 
 

自動車学校には期限がある

運転免許を取得する理由は様々だと思います。「地方に住んでいて車がないと生活できないから」、「就職するときに持っていないと不利だから」、「なんとなく」と理由がはっきりしない人も多いでしょう。
 
絶対に免許が必要だという人ならば大丈夫でしょうが、はっきりした理由がない人は、やや注意が必要になります。学業や仕事と両立して自動車学校へ通うというのは、思っている以上に大変です。途中で行くことをやめてしまったら、支払ったお金が無駄になります。
 
自動車学校はお金を払えばいつまでも有効というわけではなく、教習開始から9ヶ月という期限がありますので、その期限内にすべての教習を終えなければいけません。
 
途中でやめても、支払ったお金は基本的に戻ってこないので、覚悟を持って申し込みましょう。
 
 

免許取得のための費用をローンで借りる

免許取得の費用は30万円程度ですので、借金の分割払いで支払いたいという人も多いです。そんな人のために、運転免許ローンというものが用意されています。運転免許ローンは自動車教習所で扱っていることが多いので、相談してみましょう。
 
教習所で用意されているものが気に入らなければ、自分で探すということもできます。
 
また、クレジットカードを持っていて、枠が30万円以上ある人なら、クレジットカードで支払うということもできます。ただし、クレジットカードのリボ払いにかかる手数料には注意をしましょう。
>>カードローンでのキャッシングではなくクレジットカードのキャッシング枠も便利
 
一般的にはクレジットカードのリボ払い手数料よりも、運転免許ローンを組んだほうが金利面でお得になっています。運転免許ローンなら、学生の場合は学校を卒業してからの支払いにしてもらうこともできます。

運転免許ローン

・ラクラク運転免許ローン(ローソン)
・運転免許取得ローン(スルガ銀行)
・運転免許クレジットのことならJiyu!da!(セディナ)

 

各ローン 自動車ローン

新車を買う時、残価設定ローンでお金を借りる~残価クレジットは得なの?損なの?


スポンサーリンク

残価設定ローンとは?

自動車を購入するときに、3~5年後の下取り価格を差し引いて、残りの価格をローンで支払うという「残価設定ローン」というものを勧められることがあります。「残価設定クレジット」と呼ばれることもあります。この残価設定ローンは本当にお得なローンなのでしょうか。
 
(参考)残価設定型プラン-トヨタ自動車
http://toyota.jp/request/payment/zanka/
 
車の免許を取得して初めて自動車を購入するという人にとっては、車はそれまでで一番高い買い物となることも多いでしょう。手持ちのお金で一括購入できればかっこいいですが、ほとんどの人はローンで購入することになると思います。
 
自動車ローンは銀行で借りることもできますが、銀行のカーローンは金利が1%~3%ととても低くなっている半面、審査はかなり厳しく、手続きも面倒です。頭金を用意して、ディーラー系のカーローンを組むという人のほうが多いでしょう。
>>日立キャピタルのマイカーリースは、マイカーローンやディーラーローンに比べてお得?
 
無事にカーローンを組むことができても、その後の生活で問題が起きることもあります。ガソリン代、税金、タイヤの交換など、車の維持費は意外とかかります。
 
カーローンの月々の支払いをギリギリに設定していた人は、意外とかかる車の維持費のために生活が圧迫されることもあります。そして、次に車を買うときはもっと負担を減らそうと思うのです。
>>生活費不足でピンチ!消費者金融アコムは即日融資でキャッシングOK
 
 

残価設定ローンはほんとうにお得なのか

さて、車をローンで購入したいが、なるべく月々の支払いを抑えたいと営業マンに相談すると、「残価設定ローン」を勧められることが多いでしょう。
 
残価設定ローンでは最初に残価が設定され、車の価格からその残価を差し引いて、残った金額をローンで返済していくことになります。
 
例えば300万円の車の残価が100万円と設定されると、残った200万円を3年ないしは5年で返済し、ローン終了時に車を返すか、100万円を支払って車を購入するかを決められます。この100万円の支払いも、ローンにすることが可能です。
 
さて、このプランは本当にお得なのかを考えてみると、実はかえって損をするケースも多いのです。3年後もしくは5年後に残価を一括で支払う場合の総支払額を計算すると、通常ローンに比べて数万円程度割高になっていることが多くなります。もちろんケースバイケースなので、実際に計算してみることが大切です。
 
もしも残価もローンで支払うとなると、さらに利息がかかってくることになります。よく勘違いしている人がいますが、残価にもきちんと金利がかかっています。残価にずっと利息がかかり続けているので、通常よりも支払額が多くなるのです。
 
 

残価設定ローンが向いている人

残価設定ローンは通常のローンよりも総支払額が高くなるケースが多いため、3年ないし5年後に車を返す予定の人や、車を乗り換えるという人に向いているローンです。
 
もしくは、月々の返済額の負担は必ず減るので、総支払額が高くなってもいいから月々の返済額を抑えたいという人にも向いています。
 
ローン終了後に車を乗り換える予定の人でも、やはりよく考えて契約するべきです。なぜなら、通常のローンで車を購入して、5年後に車買取店で売ったほうが利益が出る場合もあるからです。
 
また、残価設定ローンでは走行距離に制限がついており、車を返す場合に走行距離が規定値を超えていると追加金がとられます。
 
ローン終了時の下取り価格が保証されているかどうかについてもよく確認しておきましょう。下取り価格が保証されておらず、その時の査定金額によって決まる場合には差額を支払わなければならなくなります。
 
最後に、以上のようなメリット・デメリットは一般論であり、実際は契約内容によって変わってくるのでその都度計算してみることも大切です。残価設定ローンのほうが借金の金利が低く設定されている場合もありますから、説明を受けてから柔軟に考えるのが良いでしょう。

 

各ローン 自動車ローン

自動車ローンもキャッシングと同じく、借り換えローンにした方がお得である


スポンサーリンク

借り換えローンを利用して自動車ローンの金利を下げる

自動車ローンを利用する方の多くは、100万円を超えた借入をしています。多目的ローンと比べて低い金利のマイカーローンですが、高額な借入になると利息は膨らみます。
 
そこで、利息を減らすために借り換えローンの利用をおすすめします。
 
再び自動車ローンを利用して借入するのではなく、銀行のフリーローンに乗り換えるのです。フリーローンは多目的ローンであり、本来は自動車ローンよりも金利が高めですが、現在の銀行フリーローンはかなり低い金利となっており、金利が高めの自動車ローンよりも利息を抑えることが可能です。
 
借入額にもよりますが、3%程度の超低金利で借りられる可能性があるフリーローンもあります。
 
低金利ローンに乗り換えるメリットは2つあります。月の支払いを軽減すること、そして返済期間を短くすることです。金利が低くなると総支払い額は減りますから、間違いなく乗り換え前よりは負担が軽くなります。
 
借り換えで注意したいことは、事前に適用金利を確認しておくことです。契約はできたけど前よりも高金利を提示された、という話は実際にあります。審査終了まで金利のわからないローンよりも、審査前に金利を教えてくれるローンを利用するべきです。
 
 

支払い額のシミュレーションをしてみよう

借り換えローンを利用する前に、支払い額のシミュレーションをしておきましょう。
 
返済総額がほとんど変わらないならば、時間と手間をかけて乗り換えるメリットは小さいですが、数万円以上変わってくるなら乗り換えるべきです。借り換えローンは以前よりも低金利になっているので、自動車ローン契約時は超低金利で借りたという方も、現在の借り換えローン金利と比較してみるべきです。
 
ローンの利息を抑えることは、いかなる資産運用よりも資金形成の効果が高いのです。年率5%のローンはかなりの低金利ですが、預金していて5%の金利がつくことはありえません。資産運用にお金を使うくらいなら、ローンの借り換え、繰り上げ返済をしたほうがずっとお得なのです。
 
借り換えローンを利用する際には、自動車ローンだけでなくキャッシングやカードローンも一本にまとめる方がいます。
>>他社借入3件、借入総額100万円の場合はおまとめローンにした方がお得?
 
高金利のローンを利用している方は、これをきっかけに低い金利の借り換えローンで一本化しておきましょう。低い金利のローンに乗り換えることで、月の負担額が数千円も減額したという方は多いです。これが完済まで続くのですから、総支払い額として考えると相当に大きな金額となります。
 
 

一本化すると返済が楽に

借り換えローンで複数ローンを一本化すると、ローンの負担が大幅に軽減します。
 
ローンの返済で最も大変なことは、毎月の負担額が大きなことでしょう。一本化することで負担が軽減しますし、さらに返済先が減ることで精神的に楽になります。
 
借入先が複数ある状態は多重債務であり、精神的にも非常に辛いものです。月に何度も返済日があると、返済のことで頭がいっぱいになってしまいます。返済期日に遅れる可能性も高くなりますが、金融機関側はこちらの都合を考慮してはくれません。1日でも返済日に遅れてしまえば、ローンを借入を凍結してくる業者もいます。
 
特に3社以上から借りていると、ローンの借入状況の把握、シミュレーションが大変になってきます。実際に借りている金額は大したことがなくても、多重債務の状態は精神的に非常に辛いのです。そんなときは、借り換えローンを利用して負担を軽減してください。
 
実際に借り換えした方の多くは、月々の返済が減ること以上に借入先が一本化するメリットが大きいと答えています。返済日が月1回になると、借入状況を把握しやすくなります。繰り上げ返済をするときも、会社を選ぶ必要がないので非常に楽です。

 

各ローン マイカーローン 各ローン 自動車ローン

日立キャピタルのマイカーリースは、マイカーローンやディーラーローンに比べてお得?


スポンサーリンク

日立キャピタルについて

日立キャピタルは、日立グループに属する総合リース会社です。
 
もともとは日立製作所の家電販売クレジット部門が前身であり1957年に東京日立家庭電器月賦販売および大阪日立家庭電器月賦販売として設立されました。1960年にそれまで地域によって設立されていた会社が統合され、日立月賦販売となり、1969年に日立クレジットに商号変更します。
 
1976年には東京証券取引所第二部、1979年には第一部に上場し、長らく日立クレジットとして親しまれましたが、2000年に日立リースを吸収合併し現在の社名である日立キャピタルとなっています。
 
公式サイト
http://www.hitachi-capital.co.jp/
 
このような背景から日立グループの中では総合リース事業から個人向けクレジットカードの取り扱い、日立グループの社員向けローンなども行っており、日立グループの中での金融サービスの中核企業として位置づけられています。
 
一方で、積極的に商品販売を行っているわけではなく、また法人向けに力を入れているため一般向けにはそれほど知名度の高くない会社ですが、個人向け商品としては低金利で借りることができる自動車ローンや自動車にかかるサポートなどを提供しており、またカーリースなど自動車関連の商品に強みがあります。
 
 

マイカーリースのメリット

日立キャピタルの自動車関連のサービスとしては、自動車レンタルやリースのほか、自動車の買取りサービスなども行っていますし、ETCカードなどクレジットカード事業や保険の取り扱いも行っています。
 
日立キャピタルの自動車ローンはいわゆるリースタイプのものであり、希望する自動車を日立キャピタルが購入しリースという形で貸し出されるものです。

人気あるカーリース

・オリックスカーリース
・スマイルカーリース
・アラジン カーリース
・オートバックスカーリース
・オリコオートリース
 
支払いは月々のリース料のみで登録費用や自動車税などの税金、メンテナンス費用などが含まれており、諸経費がかからないメリットがあります。またリース支払い後、残価価格を支払うことでその自動車を購入することが可能です。契約期間は3年と5年があり、期間延長もすることができます。
 
カーリースのメリットは資金を借りて購入する自動車ローンに比べて、トータルで支払う金額が少なく、また保有している段階での保険費用や整備費用などを負担しなくても良いという点があげられます。
 
ただし所有者の名義は日立キャピタルになるため、途中で自由に売却するといったことができないことに留意する必要がありますし、残存価格が事故などにより減少してしまった場合には、そのぶんだけ余分にお金を支払う必要があります。
 
 

審査面におけるメリット

マイカーリースのメリットとしては金利という面からみてローンに比べて金利が低いという点と、また金利が低いのに対して審査が緩いという点があります。
 
自動車を購入するために資金調達の手段として自動車ローンを利用するのが一般的ですが、金利が低いところは審査が厳しい傾向にあります。また審査が緩いものは金利が高くそれだけ利息を多く支払う必要があり負担になります。

人気あるマイカーローン

・横浜銀行マイカーローン
・ミスター自動車ローン
・ちばぎんマイカーローン
・しずぎんマイカーローン
・常陽マイカーローン「JOYO車」
 
またマイカーリースと似ているものとしては信販会社などが行うディーラーローンがあります。こちらはお金を借りるのではなく自動車を分割払いで購入するというものですが、審査が緩い反面で金利が高い傾向にあります。また所有者も信販会社の名義になるため、マイカーリース同様に完済するまで自由に自動車の売却などを行うことができませんし、復元不可能なドレスアップなども行うことができません。
 
日立キャピタルのマイカーリースでは、審査が緩い上にトータルで見る金利が低いメリットがあります。また日立キャピタルの場合には審査時間が短く数日で回答を得ることができます。
 
しかし、金融業者というわけではないので即日での回答が欲しい場合には、銀行や消費者金融などのキャッシングサービスを利用するのが無難です。

 

コラム 各ローン 自動車ローン