お金を借りる

今すぐお金を借りれるカードローン

自動車ローンもキャッシングと同じく、借り換えローンにした方がお得である


スポンサーリンク

借り換えローンを利用して自動車ローンの金利を下げる

自動車ローンを利用する方の多くは、100万円を超えた借入をしています。多目的ローンと比べて低い金利のマイカーローンですが、高額な借入になると利息は膨らみます。
 
そこで、利息を減らすために借り換えローンの利用をおすすめします。
 
再び自動車ローンを利用して借入するのではなく、銀行のフリーローンに乗り換えるのです。フリーローンは多目的ローンであり、本来は自動車ローンよりも金利が高めですが、現在の銀行フリーローンはかなり低い金利となっており、金利が高めの自動車ローンよりも利息を抑えることが可能です。
 
借入額にもよりますが、3%程度の超低金利で借りられる可能性があるフリーローンもあります。
 
低金利ローンに乗り換えるメリットは2つあります。月の支払いを軽減すること、そして返済期間を短くすることです。金利が低くなると総支払い額は減りますから、間違いなく乗り換え前よりは負担が軽くなります。
 
借り換えで注意したいことは、事前に適用金利を確認しておくことです。契約はできたけど前よりも高金利を提示された、という話は実際にあります。審査終了まで金利のわからないローンよりも、審査前に金利を教えてくれるローンを利用するべきです。
 
 

支払い額のシミュレーションをしてみよう

借り換えローンを利用する前に、支払い額のシミュレーションをしておきましょう。
 
返済総額がほとんど変わらないならば、時間と手間をかけて乗り換えるメリットは小さいですが、数万円以上変わってくるなら乗り換えるべきです。借り換えローンは以前よりも低金利になっているので、自動車ローン契約時は超低金利で借りたという方も、現在の借り換えローン金利と比較してみるべきです。
 
ローンの利息を抑えることは、いかなる資産運用よりも資金形成の効果が高いのです。年率5%のローンはかなりの低金利ですが、預金していて5%の金利がつくことはありえません。資産運用にお金を使うくらいなら、ローンの借り換え、繰り上げ返済をしたほうがずっとお得なのです。
 
借り換えローンを利用する際には、自動車ローンだけでなくキャッシングやカードローンも一本にまとめる方がいます。
>>他社借入3件、借入総額100万円の場合はおまとめローンにした方がお得?
 
高金利のローンを利用している方は、これをきっかけに低い金利の借り換えローンで一本化しておきましょう。低い金利のローンに乗り換えることで、月の負担額が数千円も減額したという方は多いです。これが完済まで続くのですから、総支払い額として考えると相当に大きな金額となります。
 
 

一本化すると返済が楽に

借り換えローンで複数ローンを一本化すると、ローンの負担が大幅に軽減します。
 
ローンの返済で最も大変なことは、毎月の負担額が大きなことでしょう。一本化することで負担が軽減しますし、さらに返済先が減ることで精神的に楽になります。
 
借入先が複数ある状態は多重債務であり、精神的にも非常に辛いものです。月に何度も返済日があると、返済のことで頭がいっぱいになってしまいます。返済期日に遅れる可能性も高くなりますが、金融機関側はこちらの都合を考慮してはくれません。1日でも返済日に遅れてしまえば、ローンを借入を凍結してくる業者もいます。
 
特に3社以上から借りていると、ローンの借入状況の把握、シミュレーションが大変になってきます。実際に借りている金額は大したことがなくても、多重債務の状態は精神的に非常に辛いのです。そんなときは、借り換えローンを利用して負担を軽減してください。
 
実際に借り換えした方の多くは、月々の返済が減ること以上に借入先が一本化するメリットが大きいと答えています。返済日が月1回になると、借入状況を把握しやすくなります。繰り上げ返済をするときも、会社を選ぶ必要がないので非常に楽です。

 

各ローン マイカーローン 各ローン 自動車ローン

自動車ローンの審査が通らない人は銀行カードローンで借りて車を購入する方法もある


スポンサーリンク

合格のポイントを考えてみる

自動車ローンの審査に通らない人が車を買う方法を考える前にしっかりと自動車ローンで合格を狙う方法を抑えておきましょう。
 
自動車ローンの審査に通らない人は必ず何かの理由があります。基本的に自動車ローンの審査に取らない理由は返済能力が足りない信用を失くしている、このどちらかのケースが理由なことが多いです。自動車ローンの審査に通らない時は自分がどちらのケースなのかを考えるようにしましょう。
 
返済能力が足りないことから自動車ローンの審査に通らない人は年収を上げるか借金を減らす、あるいは借入する金額を小さくすると良いです。こうした方法を実践するだけで返済能力を高めることが出来るので合格しやすくなります。
 
信用が足りないことから不合格になっている可能性がある人は信用が戻ってから申し込むのが良いですが、これにはとても長い年数が必要となるので信用を大目に見てくれる自動車ローンを探しましょう。
 
別の手段から車を買う方法としてキャッシングを利用することは非常に便利な方法ですが、この方法から車を買う場合でもやはり上記で紹介したような内容は同じように結果に影響してくるので、何かの対策をしなければなりません。
 
 

キャッシングで車を買う方法

自動車ローンに合格することが出来ないことから、キャッシングで車を買う方法は代用としてかなり便利です。
 
しかも、キャッシングなら車以外の目的でも限度額に空きがあるならいつでも借入をすることが出来るので、持っておけばいざという時に役立つアイテムでもあります。
 
自動車ローンに合格することが出来なかった人は同じようにキャッシングでも不合格になる可能性は高いです。しかし、キャッシングの方が不利な状況でも合格を狙いやすい事は間違いありません。
 
まず、返済能力不足の人は銀行から申込先を探しましょう。銀行には収入証明を提出せずに申し込むことが出来るキャッシングがあります。これを利用しますと、身分証明を提出するだけでキャッシングを申し込むことができ、さらには収入系の書類がないので返済能力には寛大です。
 
次に信用を落としている人は中小消費者金融、いわゆる街金からキャッシングを探すと良いです。
 
・ケンファイナンス
・フクホー
・キャレント
・ご融資ドットコム
・セントラル
・ライフティ
・アロー
・中央リテール
 
銀行や大手の消費者金融は信用には厳しいです。逆に街金だと信用ブラックでもお金を貸してくれるところを見つけやすいので、しっかりと探してみると良いです。街金を選ぶ時はトラブル回避の為に闇金の存在に注意をするようにしましょう。
 
 

一番の賢いのは貯金である

自動車ローンを利用することが出来なかった人が別の方法から車を買う場合にキャッシングを利用することは便利です。
 
しかし、このキャッシングでも合格することが出来ないという人もいると思いますが、そんな人は貯金をするしかありません。ローンがダメだったとがっかりすると思いますが、基本的に一番賢い車の買い方は間違いなく貯金です。
 
車を買うための資金を貯める期間と、ローンを組んでそれを完済する期間は基本的に同じような期間になりますが、何よりもローンは手数料を支払う必要があるので、数万から数十万ほど貯金をすることに比べると大きくお金を用意しなければなりません。
 
根本的にこれを考慮すると、貯金をするほうがお得に車を購入することが出来ます。時間はかかりますが、それは車のローンを組んだとしても同じことです。自分の年収に変化がない限りはローンを組んでも完済するのも貯金するのも時間はかかるものです。
 
早く車に乗れるというメリットがローンにはありますが、デメリットは利息となります。お金を借りることを色々と考える前に合格出来なかった事をメリットと考えて、頑張って貯金することはある意味賢い選択だと言えます。

 

各ローン マイカーローン