お金を借りる

今すぐお金を借りれるカードローン

他社借入3件、借入総額100万円の場合はおまとめローンにした方がお得?


スポンサーリンク

合計で3社ならおまとめローンがお得

合計で3社の借入先を持っている場合、おまとめローンを利用する方が借金返済においてお得になるのかどうか判断が難しい人は今の3社の借入における利率を見ましょう。
 
合計で100万の借入の場合、これは各社でいくらの限度額を持っているのかは、同じ状況でも結構個人差があります。しかしながら、大抵は3つの借入においてどれも小口の借金となっているケースが多いです。
 
その場合を想定すると、約30万×3で合計100万の借金なら、それぞれの会社の利率はどれも上限利率が適用されている可能性が非常に高く、50万円以下の限度額なら上限利率が適用されてきます。
 
上限利率は消費者金融の場合は18%が主流なので、この利率から考えると各社で18%でお金を借りているので、トータルの100万の借金は18%の利率から返済をしていると考えれば良いです。基本的に100万に対する利率は15%を目指したいところです。
 
そう考えると、ほぼ確実におまとめローンを利用する方が借金を返済する際の利息を抑えやすくなることが想像できます。上記の利率の差は割と大きいものがあるので、しっかりと検討しましょう。
 
100万に対する利率 100万の融資に対する利率はどのくらいの利率が妥当なのか、これは1社で100万借りるなら、10万以下は20%が最大、10万から100万は18%が最大、100万以上は15%が最大という利息制限法から考えると良いです。
 
100万の場合は最大でも18%の利率となり、3社の合計の借金をそれぞれ18%で借りている場合はおまとめローンを利用する場合に100万に対する利率は18%以下でなければメリットはあまりないことになります。お得におまとめローンを利用するなら15%を目指しましょう。
 
また、いくつかの金融会社の情報を調べると分かりますが、基本的に100万の限度額に対して18%を採用しているところはかなり金利が高い部類であり、15%なら簡単に見つけることが出来ます。さらに限度額100万なら15%以下に設定されている会社を見つけることも難しくはないので、しっかりとお得におまとめローンを利用するためにもまずは金利比較をしっかりとやりましょう。
 
この金利比較をするときはおまとめローンにおける、限度額100万に対する金利を比較しなければ意味がないので、この点はしっかりと抑えておくようにしましょう。
 
関連記事:
クレジットカードの複数のキャッシング枠で借りたお金はおまとめした方が得?
 
 

利率が下がらないとメリットはない

数社の借金を一つにまとめて返済をすることが出来るおまとめローンは基本的にこうして借り換えをした際に前よりも利率が下がらないと、返済をする時の利息においてメリットはほぼありません。
 
そのため、何よりもおまとめローンを活用する時はしっかりと金利重視で選ぶことが大事になります。
 
別のメリットとしては返済をする約定日が3つあるのと、毎月1つの約定日で返済できるのとでは、やはり返済日が1つの方が断然返済をしやすいわけなので、これも一つのメリットになります。
 
金利比較はとにかく多くのおまとめローンの情報を見ることが大事なので、インターネットを活用するようにしましょう。インターネットを活用すれば、いろんな金融会社の情報を把握することが出来ます。こうして金利をしっかりと比較しておけば、今の利率が割と高いのであればしっかりと利率を抑えて返済することが出来る会社を見つけることが出来るようになります。
 
返済というのは利率が下がることでかなり返済をしやすくなってくるので、すこしの利率の差でもこだわりを持ちながら返済計画を考えることが大事です。利息の負担額を減らせば完済のスピードも速くなってきます。

 

タグ :

各ローン おまとめローン・借換

クレジットカードの複数のキャッシング枠で借りたお金はおまとめした方が得?


スポンサーリンク

複数のキャッシング枠は一つにまとめるとお得

今はクレジットカードを複数所有している人が多いのですが、クレジット機能だけでなく、それに付帯されているキャッシング枠を利用している人も多いことでしょう。
 
そういったクレジットカードのキャッシング枠を利用している人は、いくつかの会社で借り入れをしていると損をすることになります。
 
こういった場合には、まとめるために高額の借入を行うことで、いくつかの借入分を一括で返済して1社にまとめるようにするといいでしょう。おまとめをすることで返済日を統一することができたり、高額の借入で適用される金利を低く抑えることができるようになるからです。
 
通常、多額のお金を借入れるときには金利が低く抑えられるように設定されているのです。ですから、個別に20万円ずつ借り入れをするよりもまとめて100万円などの金額を借りたほうが金利が安くなるというわけなのです。それに比べて、クレジットカードのキャッシング枠は金利が比較的高い上に限度額が低くされています。
 
ですから、いくつかのクレジット会社などで返済している場合では、おまとめをすることで、金利手数料が抑えられるので結果的には返済額が安くなるのでお得になるのです。
 
 

複数のキャッシング枠をまとめる方法

それでは、いくつかのクレジットカードのキャッシング枠をまとめる方法について、2つ挙げてみようと思います。
 
ます、別のクレジットカードで借り入れのトータル分の金額を借りて返済する方法です。これは、一枚のクレジットカードですべての合計を借り入れて、いくつかある借入をまとめるという方法です。
 
現在使っているキャッシング会社ではない他社を利用して、返済にあてていくというものなのです。そうすることで、今までの複数のキャッシング会社に返済する必要はなくなり、新たな1社だけに返済をするようになるのです。
 
次に、消費者金融や銀行カードローンでトータルの金額分を借りて返済する方法です。これは、総量規制対象外になり、年収の1/3以上の借り入れが認められる可能性のあるのです。もしも、その合計が総量規制の1/3を超えていたとしても、その人にとって有利になると判断されたときには多額であっても借り入れが許されることもあるのです。(※銀行の場合)
 
なので、いくつかの会社で借り入れがあって、返済がしにくくなっている多重債務者の人には都合のよいものなのです。ですから、二つの方法を比較した時には、後者のほうがメリットがあるといえましょう。
 
 

キャッシング枠よりも消費者金融・銀行カードローンがお得

クレジットカードというのは本来ショッピングなどのクレジット機能が主であって、キャッシングに関しては限度額が低く設定されていて、金利も高いという特徴があります。ですから、おまとめに不向きである場合もあるのです。
 
しかし、銀行カードローンというのは、限度額も高く設定されていて、金利もわりと低いという特徴があります。ですから、おまとめには向いていることが多いようです。また、銀行カードローンというのは総量規制の対象外になるので、限度額できる可能性もあるのです。
 
おすすめできる消費者金融や銀行カードローンとしては、住信SBIネット銀行カードローンとみずほ銀行カードローンがあります。前者はなんといっても金利が低いというメリットがあります。さらには、限度額も1000万円と高いのです。
 
後者のみずほ銀行カードローンは、他の銀行などと比べてみても、金利が低い設定になっていますが、前者ほどではありません。それでも、みずほ銀行であるので、借りる方からすると安心感があっていいといえましょう。
 
このように、複数のクレジット会社などで借り入れをしていると損になることもあるおで、おまとめという方法を検討してみてもいいでしょう。

 

タグ :

各ローン おまとめローン・借換 abc クレジットカード