お金を借りる

今すぐお金を借りれるカードローン

カードローンでのキャッシングではなくクレジットカードのキャッシング枠も便利




スポンサーリンク

信販会社が行う基本的な業務

カードローンを取り扱っている会社の一つとして信販会社があります。これはいったいどのような会社なのでしょうか。
 
信販とは、「信用販売」の略です。普通に物を買うときには、購入と同時に代金を支払います。これに対して信用販売とは、商品を受け取って後から代金を支払うという形をとります。信用できない人に対してこのようなことはできないでしょう。そのために信用販売と呼ばれるのです。
 
買う人としては、代金の支払いが後で良いというメリットは大きいです。たとえば月末に締めて翌月に支払うという形をとることもあります。ほかにも、分割払いなどのサービスも信用販売の一種となります。信用販売の利便性が高くなったものがクレジットカードのサービスだといえるでしょう。
 
クレジットカードを使えば、信用販売のサービスを簡単に利用できます。信用販売を提供している会社としては、一時的に立て替えているようなものですから、それをしても回収できるのかどうかを判断するときには信用力を見なければなりません。
 
このノウハウは融資を行う際のノウハウと同じようなものですから、カードローンの事業に参入することは、比較的容易だったといえるでしょう。
 
 

信販会社がカードローンを提供するための貸金業の登録

信販会社は、信用販売のサービスを提供するために割賦購入あっせん業者として登録をしています。
 
割賦販売法では割賦購入あっせん業者として登録しなければならないこととなっています。ですから、信販会社は、法的に見れば割賦購入あっせん業者といえるでしょう。しかし、カードローンのサービスの取り扱いをする時には、割賦購入あっせん業者としての登録では不十分で、貸金業者として登録をすることが必要となります。
 
貸金業者と言えば、その代表的なものが消費者金融です。消費者金融と同じように、貸金業者として登録をしなければ、カードローンのサービスを提供することはできません。
 
ですから、これらの会社のウェブサイトを見ると、どこかに必ず貸金業者としての登録番号が表示されているはずです。貸金業者として登録しているということは、法的な位置づけとしては消費者金融と違いがないことを意味します。
 
ですから、総量規制や法定利率についても、消費者金融と同じようなものだと考えておくとよいでしょう。ただ、基本的な業者としての特徴が異なりますから、たとえば消費者金融で借りるよりも有利な場合もありますし、逆に不利な場合もあります。
 
 

信販会社のカードローンのが適している人とは

信販会社のカードローンは、独立したものもありますが、クレジットカードとセットになっているものが多いです。
 
カードローン(キャッシング枠)の取り扱いのあるクレジットカードは多くあり、現在ではどちらかというと、取り扱いのないクレジットカードのほうが少ないと考えられます。申し込みをする時点で限度額を申請することが多いです。
 
ですから、すでにクレジットカードを持っている人なら、キャッシング枠の取り扱いがあるのかどうか確認してみるとよいでしょう。申し込んだことを忘れている人がいるかもしれませんが、実はすでにお金を借りられる状態になっていることもあります。
 
このようなことからも分かるように、オプション機能として提供されていることが多いのです。消費者金融のローンカードが財布に入っていると、お金を借りていることがすぐにわかりますが、クレジットカードはお金を借りない人も利用しているわけですから、特に不自然なことはありません。
 
クレジットカードではない専用のカードであっても、クレジットカードを運営している会社のロゴや名前が入っていれば不自然ではないでしょう。お金を借りていることをほかの人に知られたくはないという人にとっては適したサービスです。



スポンサーリンク

 

abc クレジットカード

この記事に関連する記事一覧