お金を借りる

今すぐお金を借りれるカードローン

キャッシング時の在籍確認は必ずある?在籍確認なしにする方法はある?




スポンサーリンク

カードローンはどこでもまず審査がある

どの金融機関にしても、審査があるので、それに通る必要があります。
 
審査内容としては、氏名や住所、電話などの基本情報のほかにも、その人の職業や年収、住居の形態、他からの借入れの状況などの申告内容に、信用情報機関を照合しながら判断していきます。
 
これは、その人に返済能力があるのかを検討していくのであって、返済できない人には貸すことができないのです。ですから、情報はとても大切であり、申告の内容に虚偽などがないのかということを確認していくことになります。
>>ミナミの帝王に出てくるような怖い取り立ては今もある?
 
きちんと事実を申告していれば、そういった確認があっても全く問題がないのですが、それが違っていたりすると、スムーズにカードローンの審査が進まなくなるので、虚偽申告をしないようにすることと、日頃から借りたものをしっかり返すという習慣をつけておくと、信用力が高まるのです。
 

気になるのは会社や自宅の確認

やはり申し込みをした人の中には、審査の段階で自宅や会社などに確認をされると困るという人もいることでしょう。
 
確認作業というのは、電話などで行っていくのですが、自分が借り入れの申込をするということがまわりにわかると気まずいということがあります。
 
例えば、カードローンなどの申込をしてお金に困っていると職場の人にわかってしまったり、自宅では配偶者などの家族にお金を借りることがばれてしまったりすることを避けたいと切に願っている人がいます。
 
カードローンの利用ができる金融機関としては、銀行やクレジット会社、消費者金融などで基準などは違うのですが、審査項目は同じになります。難易度としても作りやすいところや作りにくいところなどもあるので、そういった情報を得ておくようにするといいでしょう。
 
電話などでも確認というのは、ほとんどの金融機関で行われるものですが、やはり申込者に配慮して行うようになっています。金融機関名を伏せて個人名で電話をしてきたりするところがほとんどですし、職場の人にはあまりわからないようにしてくれます。
 
また、電話確認の際に家族名でかけてもらうように依頼することも出来たりするところも多いので配慮を願い出れば大丈夫なのです。
 
 

確認不要のところはあるのか?

それでは、確認不要の金融機関というのは、実際にあるのでしょうか。基本的には確認というのは必要になるのですが、ほかに代わる方法で確認をしていくことができるものです。
 
これは、全ての金融機関で行われるものではないのですが、大手の消費者金融などでは申し出をすると対応してくれるところが多いのです。それが在籍がわかるような書類の提出で、電話確認不要にするという方法です。これは源泉徴収や収入証明書などの書類のコピーを提出するという方法です。そうすることで、その人の職場が存在して在籍しているなどの確認をしていくのです。
 
よくある中堅や小規模の消費者金融では、「在籍確認不要」といったことを謳っているところがあるのですが、そういったところではあとで問題が発生してしまうこともあるので、避けた方がいいでしょう。
 
このように、カードローンを利用できる金融機関というのはいろいろあるのですが、審査の段階では自宅や職場への確認があることが多いのです。その時に困らないようにするためにも知識を持って、申し込みから融資まで済ませられるようにしていきたいものです。
 
しかしながら、カードローンも借金の一つになるので、計画的に利用するようにしましょう。



スポンサーリンク

 

タグ :

abc 審査

この記事に関連する記事一覧