お金を借りる

今すぐお金を借りれるカードローン

クレジットカードで借りたお金の返済がピンチの時の対処方法とは?




スポンサーリンク

クレジットカードの支払いがきつい時はリボ払いに切り替える

仕事が少なくなったり、あるいは転職したりして収入が少なくなり、月々の返済が苦しくなった場合、いくつかの対処方法があります。
 
まず、クレジットカードの返済が苦しくなった場合ですが、リボ払いに切り替えてしまうという対処方法が考えられます。リボ払いというのは、カードの利用代金をそのまま次の返済日に一括で支払うのではなく、利用代金に応じて月々定額の支払いで済むようになるので、返済額を減らすことが出来て、返しやすくなります。
 
たとえば、来月の返済日に5万円を返さないといけないという状況でリボ払いに切り替えると、月々1万円を支払っていけばよくなるのです。
 
リボ払いは分割払いに似ていますが、分割払いの場合、個々の買い物の支払いがすべて足されていくので、1万円の買い物を5つして、それぞれ3回払いで返すということになった場合、月々の返済額は1万5千円になります。つまり、リボ払いであれば、どれだけ買い物をしてもトータルの金額によって返す金額が決まるので、毎月の支払いを抑えられやすくなるのです。
 
また、リボ払いの大きな特徴として、一括払いで商品を購入しても、後からリボ払いに変更出来るというサービスを行っているカード会社が多く、切り替えやすいということがあります。
 
 

カードローンは利息のみ返しても受けつけてくれる

銀行や消費者金融のカードローンの返済が苦しくなった場合ですが、これは利息のみの返済でしのぐというのが一番簡単で、いい対処方法になります。
 
通常、カードローンの返済額は元金と利息を合わせた金額になりますが、利息のみでも受けつけてくれるところが多いのです。利息のみ返すということは、事前に、銀行や消費者金融に連絡する必要はありません。ATMから利息分を入金すれば、そのまま普通に受けつけてくれます。
 
なぜ利息のみでも大丈夫なのかというと、貸金業者側がまったく損をしないからです。貸金業者は、利息収入で利益を上げているため、客には出来るだけ長く、お金を借りてもらって、たくさんの利息を払ってもらった方がいいのです。
 
クレジットカード会社がリボ払いを推してているのもそのためです。利息だけ返す場合、元金はまったく減らないので、その分、貸金業者は長く利息を受け取れることになります。
 
ただ、客の立場からすれば、利息のみ返すということは、収入が少ない月を乗り越える対処方法としてはありですが、トータルの支払額は多くなってしまいますし、元金が減らないので、普通に返すよりも長い間、債務を抱えることになります。
 
 

多重債務で月々の支払いがきつい場合は一本化を考える

複数の債務がある、つまり多重債務であれば、債務を一本化するというのも、毎月の支払額を減らすには有効な方法です。
 
関連記事:
>>他社借入3件、借入総額100万円の場合はおまとめローンにした方がお得?
>>クレジットカードの複数のキャッシング枠で借りたお金はおまとめした方が得?
 
一本化する場合のポイントですが、一本化を前提にしたローンに申し込むことです。というのは、一本化することによって支払額を下げるためには、利息を今、支払っている額よりも出来るだけ少なくする必要があり、一般的なカードローンよりも確実に利率が低いローンというのは、おまとめローンになるからです。
 
今、利用しているローンの利率よりも1~2パーセント程度低い程度の、一般的なカードローンで一本化したとしても、ほとんど支払い金額は変わらないので、あまり意味がありません。
 
また、おまとめローンはに申し込むということは、新たに別のローンに申し込むということなので、審査に落ちる可能性もあるということを考慮しておきましょう。つまり、リボ払いに切り替えたり、利息のみを返済するという方法に比べると確実性がないということです。
 
なので、多重債務で毎月の支払いがきついという場合、きついのが一時的なのであれば、利息のみの支払いでしのぎ、きつい期間がずっとなのであれば、おまとめローンに申し込んで、審査に落とされたら利息のみの支払いでしのぎ、別のおまとめローンに申し込むといいでしょう。



スポンサーリンク

 

abc クレジットカード abc 返済

この記事に関連する記事一覧