お金を借りる

今すぐお金を借りれるカードローン

失業中の人はキャッシングでお金の借入はできる?




スポンサーリンク

キャッシングを利用するための最低条件

キャッシングはどのような人でもどのような時でも利用できるというようなものではありません。
 
もしそのような形で利用が認められていたとするのであれば、そのキャッシング業者は到底返済できないというような人に対しても融資をすることになってしまうでしょう。
 
そのためキャッシングはどれだけ気軽に利用できるというようなものであっても、必ず最低限の条件が定められています。
 
その最低条件としてはどういったものがあるかと言うと、やはり最初に重要になってくるのが収入でしょう。借金の返済にはその人の収入の中にある可処分所得が用いられるわけですから、その可処分所得があまりにも少ないということになってしまうとお金を借りることはできません。
 
また少なくは無いが不安定だという場合、例えば自営業者やフリーランスのように毎月の収入が大きく変動するリスクがあるというような場合も同様で、毎月の可処分所得が変動するわけですから融資をしてもらうことは難しくなってきてしまいます。
 
この最低条件と言う部分に関してはキャッシングを利用していく中でも基本中の基本になってきますから、利用申込をする前には必ずチェックしておくように心がけましょう。
 
 

失業中でも契約することはできる?

さて、しかしながらキャッシングのような借金が最も必要になるのは収入が少ない時や、収入では賄えないほどの支出に迫られたというような時でしょう。
 
ただ悩ましいことに、基本的にこういった事情が明らかになっている状態でキャッシングの契約をするというのは若干難しくなってきます。そうした事情があるからこそお金が必要だというような人に関しては、業者としても本来返済できる範囲を超えた借り入れをする可能性があるとして判断せざるを得ないのです。
 
そのため限度額が低く設定されたり、そもそも貸してもらえないということもあります。このことを考えると、失業中だということが明らかになっているのであれば新たな契約は難しいとして考えた方が良いでしょう。
 
特に消費者金融系の業者の場合は総量規制、消費目的貸し付けが年収の1/3に制限されるというような制度があるわけですから、収入がゼロ円になる失業中は法律的にも利用が認められないということになってしまいます。
 
銀行系業者であれば総量規制は無いのですが、銀行系業者が失業中の人に対して融資をする可能性は限りなく低いのが実情です。そのためもし失業中にお金が必要と言うことになったのであれば貯金を切り崩したり、親や知人などから借りると言うようにするべきでしょう。
 
 

失業する前に契約していた場合はどうなる?

しかしここで少々例外となってくるのが「失業する前に既に契約をしていた」という場合です。これについては本来あまり良いことではないのですが、実は黙っていれば借り入れをすることが可能です。
 
これはキャッシング業者が持つ情報は基本的に利用の申し込みがされた時点のものだからです。申し込みがされた時点では仕事をしていてそれによって収入があったというような場合であれば、たとえ失業したとしても情報が更新されない限り失業者としては扱われません。
 
そしてキャッシング業者は大量の顧客データを抱えているわけですから、情報の更新はそこまで頻繁に行われないのです。そのため「失業したことを黙っていれば継続して借り入れできる」ということが言えます。ですがこれは事実上可能と言うだけであって、本来的には認められていません。
 
キャッシング業者と取り交わす契約書には間違いなく個人情報が変更された時は速やかに通知することという文言が含まれていますから、失業してもそれを黙っていたということはその規約に違反してしまうのです。
 
規約違反の状態で債務整理などの金融事故を起こせばその部分に関して免責が認められず、債務整理の対象にできないというケースもあり得ますから注意が必要です。



スポンサーリンク

 

abc お金を借りる

この記事に関連する記事一覧