お金を借りる

今すぐお金を借りれるカードローン

年金受給者の婆さんはキャッシングすることは可能か?信用金庫は意外とOK




スポンサーリンク

年金生活のおばあちゃんがお金を借りるには

年金生活のおばあちゃんにも、年金支給日まで1万円借りたいと考える方はいるでしょう。
 
高額・長期ローンを組むのはリスクがありすぎますが、借りてすぐに返済するなら特に問題はありません。しかし、現実的におばあちゃんがお金を借りるのは簡単ではありません。いくつかのハードルをクリアする必要があるのです。
 
そのハードルとは、融資可能年齢であること、そして年金を安定収入と認めてくれる金融機関であることです。信用金庫は地元密着なので、年金受給者でもあっても年齢制限の問題をクリアしていれば、年金キャッシングは可能です。
 
キャッシングでお金を借りる場合、利用可能年齢は20歳以上となっているでしょう。融資を受けられるのは大人になってからです。では借り入できる上限年齢は何歳かというと、これは各社により60歳、64歳、67歳などと異なります。一般的に70歳を超えてしまうと、融資してくれる金融機関はありません
 
さらに年金を安定収入と認めてくれる業者でなければ、申し込むことはできません。給与生活と年金生活では、安定性においては後者のほうが上かもしれません。しかし、給与収入時代よりも金額は低くなるため、節約生活を余儀なくされます。
 
そのため、給与収入は融資対象とするけど、年金収入は融資不可とする金融機関が多いのです。
 
 

年金生活は現金主義で乗り切ろう

年金生活は無理せず現金主義で乗り切るべきです。お金を借りることができても、すぐに返済日がやってきます。キャッシングの場合ですと、借りた翌月には1回目の返済日がやってきます。何よりも借りた金額に利息を加えて返済する必要があるため、沢山借りるほど生活を圧迫します。
 
お金を借りるのは悪いことではありませんが、計画性を持たずに借りるのは悪と言えるでしょう。返済が滞ると金融機関に迷惑をかけますし、自分自身も取り立てを受けるなど苦痛を味わうことになります。おばあちゃんが融資を受けたいと考えたとき、まずは現金生活で乗り切るように工夫してみましょう。
 
年金収入の範囲で生活を組み立てることです。貯金がある方ならば、借りるよりも貯金を崩したほうが絶対にいいです。貯金を減らしたくないという理由でお金を借りる方もいますが、借りたお金には利息が発生します。自分のお金には1円も利息はつかないので、なるべく貯金でカバーしたほうがよいのです。
 
まとまった資金が必要であり、貯金を全額充てるのはリスクを伴うという場合は、貯金を少し残しつつローンでカバーする方法もありますが、返済できる見通しが立たなければ借りてはいけません。
 
 

お金を借りるなら返済までイメージしよう

年金生活のおばあちゃんは、お金を借りられる可能性がゼロではありませんが、借りるからには返済までをイメージする必要があります。
 
なぜキャッシングの契約年齢の上限は60代が多いかというと、70代に突入すると平均寿命が近づいてくるからです。病院にかかる確率も高くなり、まとまったお金が必要になるケースが増えてきます。出費が増えるほど返済に充てるお金を工面するのが難しくなるでしょう。
 
キャッシングの利用パターンを年代で示すなら、20歳~50代までは普通に借入・返済をして、60代からは返済に専念するべきです。60代からは年金生活になるため、給与収入時代よりも生活費は少なくなります。返済に充てられる金額も少なくなるので、60代からは追加融資を受けるのは避けましょう。
 
少なくとも年金の受給を受けるまでには、ローンを完済しておくべきです。完済後は解約してもいいですし、万が一に備えてローン契約を続けるのもいいです。完済をした時点で、利息は1円も発生しません。緊急時に現金を調達する方法として、あえてローン契約を続ける方はいます。1ヶ月以内に1回で完済できるプランがあるなら、60代で借りるのもありでしょう。



スポンサーリンク

 

タグ :

abc 審査

この記事に関連する記事一覧