お金を借りる

今すぐお金を借りれるカードローン

未成年でもお金を借りれるキャッシングはある?学生ローンならアイシーローンがある


スポンサーリンク

いろいろなカードローン

お金に困ったら、知りあいや身内などに借りる方法もありますが、外部の金融機関のカードローンなどを利用することを検討してみてもいいでしょう。外部の金融機関といっても、銀行やクレジット会社、消費者金融など、いろいろなところでお金を貸してもらうことが出来るのですが、そのためには審査に通る必要があります。
 
お金の借入れの審査というのは、たいてい内容としては同じような項目になるのですが、審査基準が異なっており、借り入れがしやすいところやしにくいところなどがあります。
 
審査の際にみる内容としては、年齢、職業や年収、他からの借入れ、家族構成などが含まれます。これは、本人の返済能力の有無を見ていくのであって、返済できる見込みのある人でないと、貸してはもらえないものなのです。その条件などもそれぞれ異なるので、情報をしっかりと集めて利用することが大切です。
 
無職の人であれば、審査に通るのも厳しいですし、学生や年金生活者などでもかなり制限があるので、そういったことを知っておくようにするといいでしょう。
>>専業主婦が旦那の同意を得てキャッシング借入をする場合、審査対象は旦那となる?
 
しかしながら、いざという時には頼りになりますので、上手に利用するのがいいのですが、使いすぎないようにしましょう。
 
 

未成年でも利用できる?所得証明不要?

カードローンはいろいろな基準があるので、その条件によって、利用できる場合と利用できない場合があります。
 
金融会社によっても違うのですが、年齢でも縛りがあるのは確かです。法的には、未成年では融資を受けることはできないことになっています。なぜなら、民法上未成年者というのは、契約を結んだとしても親権者の同意がなければ無効となってしまうからです。
 
未成年者は経済的に自立していることがあまりないので、融資を受けても返済することはできないと見なされるのです。
 
また、稀に所得証明不要であることを謳っている消費者金融がありますが、それは危ないので避けた方がいいでしょう。所得証明不要などというところでは、あとでトラブルの原因にもなり兼ねません。逆に銀行などでは条件を満たしていれば、所得証明不要である場合もあるのです。
 
通常、カードローンの申込、審査の段階で、職業や収入の確認をするためにも在職確認をしたり、所得証明の提出を求めたりすることがあります。これで本人に返済能力の有無を確認していくのであって、それができないようであれば、貸しても返済できるのかわからないと判断されることもあるのです。
 
このように、カードローンの審査というのは年齢などの条件でも制限があるのです。
 
 

学生なら学生ローンを検討

それでは、未成年であるとカードローンなどは利用できないのでしょうか。
 
前にも記したように、カードローンの未成年の利用は法的にも認められるものではないのです。しかし、他にも方法はあります。
 
学生だとしたら、学生ローンというものがあるので、そういった借り入れを検討してみてもいいでしょう。
 
中には未成年でも大丈夫で、お金の借入も可能なアイシーローンがあるのです。これは、学生に有利なローンですが、用途は学業に関することに限られるというわけではないので、ほかのサークル活動などの資金に充てたりするような学費以外の使い方も可能なので、便利です。
 
アイシーローン
https://www.ic-loan.co.jp/
 
また、20歳になるのを待ってから、カードローンの利用の申し込みをするというのもいいでしょう。限度額が低めの設定になるのですが、それでもアルバイトやパートをしていたり、就職の内定が出ていたり、親や兄弟などに財産があって、返済能力に余裕がある場合などで審査に通ることもあるのです。
 
年齢の制限がある場合には、そこまではアルバイトなどで稼いでどうにかその時期を乗り越えていくようにするのがいいといえましょう。
このように、カードローンや学生ローンなどの知識を持って対応するのがいいでしょう。しかし、自分の立場を考えて行動することが大切なのです。



スポンサードリンク


 

各ローン 学生ローン

この記事に関連する記事一覧