お金を借りる

今すぐお金を借りれるカードローン

横浜銀行カードローンでキャッシングするメリットとデメリットは?


スポンサーリンク

横浜銀行カードローンの条件は魅力的

横浜銀行は地方銀行ですが、地方銀行の中でも売上高が上位に入り、都市銀行に負けないほど大きな銀行です。地方銀行なので、神奈川県と東京都の全域、群馬県の一部に対象が限られています。
 
金利は年3.5%~14.6%、最高限度額が800万円となっていて、金利が低く限度額も高めというとても魅力的な条件です。限度額が300万円以内なら収入証明書の提出も必要なく、免許証などの身分証明証のみで借りられます。最短でその日のうちに審査の結果が出て、即日融資も可能となっていますが、基本的にはカードが手元に届いてからの融資となるので、横浜銀行の口座を持っていない人は即日融資はできません。
 
すでに横浜銀行の口座を持っている人で、インターネットバンキングを利用している方は、最短で即日融資が受けられる可能性があります。
 
横浜銀行カードローンにはSMBCコンシューマーファイナンスが保証会社につきますので、銀行と保証会社の両方の審査に通過する必要がありますが、過去に延滞などをしておらず、無理のない金額を借りるのであれば十分に可能性はあります。
 
 

専業主婦や年金受給者でも借りられる?

横浜銀行カードローンの申し込み条件は、「20歳以上69歳以下で安定した収入のある方」となっています。「安定した収入」という判断基準は金融機関によって異なってきますが、一般には公務員のような収入でなくても毎月途切れずに一定の収入があれば可能だという解釈がされています。
 
パートやアルバイトでも毎月一定の収入が途切れずにあるなら申し込みが可能です。ただし学生はアルバイトで収入を得ていても申し込み不可となっています。銀行なので総量規制の対象外であり、専業主婦でも配偶者に安定した収入があるなら、限度額に制限はつきますが、自分名義でお金を借りることができます。
 
また、年金収入が「安定収入」として認められるかは金融機関によって異なりますが、横浜銀行カードローンでは年金受給のみの方でも申し込み可能となっています。
 
パート・アルバイトや専業主婦、年金受給者は高い限度額で借りることはできませんが、横浜銀行カードローンでは最高でも金利が14.6%となっているので、消費者金融よりもはるかに低い金利で借りることができるのが魅力的です。
 
 

職場への在籍確認があります

信販会社、消費者金融では職場への在籍確認を行わないところもありますが、銀行でお金を借りる場合には必ず在籍確認が行なわれます。低金利でお金を貸すということは貸し倒れのリスクが大きいので、それだけ貸し出しには慎重になります。
 
職場に在籍確認の電話が行くと聞いて心配になる人も多いと思いますが、横浜銀行の場合は担当者の個人名で電話をかけるので、ローン審査の電話だとバレる心配は少ないでしょう。もしも電話を受けた事務員や職場の人に怪しまれたとしても、クレジットカードの審査を受けたとでも言っておけばそれ以上怪しまれることはないと思います。
 
最後に、いくら低金利とはいっても、借金をしていることに変わりはありません。お金を借りずに手持ちのお金だけでやりくりしている人と比べたらどうしても利息の分は損をしていることになってしまいます。審査に通ったからといって安易に限度額いっぱいまで借りたりせず、無理のない金額を借りて、計画的に返済をしていきましょう。



スポンサードリンク


 

地銀、信金、労金、その他

この記事に関連する記事一覧