お金を借りる

今すぐお金を借りれるカードローン

りそな銀行カードローンには少額融資のクイックカードローンと大口融資のプレミアムカードローンがある


スポンサーリンク

銀行で融資を受けるときの3つのメリット

お金を借りる場合、借入先は様々あります。消費者金融や銀行、信販系のクレジットカードのキャッシングです。それぞれにメリットとデメリットがあります。
 
例えば消費者金融は審査も緩く、最短で即日融資を受けることもできますが、総量規制によって年収の3分の1以上の借り入れをすることはできません。クレジットカードのキャッシングも総量規制の対象で、金利も比較的高く設定されています。すぐにお金が必要なときにはとても便利ですが、あとあとコストが高くなってしまうのがこの2つです。
 
銀行のカードローンは審査が厳しく、契約まで時間がかかってしまうものの、金利が低く設定されているのが特徴です。また年収による制限がない(総量規制対象外)ため、まとまった資金が必要な場合に利用することができます。その銀行に預金口座があると金利がさらに優遇されるようなケースもあります。銀行のローンは他社と比べてイメージが良いというのもメリットでしょう。
 
 

プレミアムとクイック

りそな銀行はメガバンクに次ぐ日本で第4位の銀行です。メガバンクだと思っている人も多くいるようですが、りそな銀行自身はメガバンクだという認識をしていません。
 
通常銀行は3時に業務を終了してしまいますが、りそな銀行は5時まで営業しており、一部では土曜日も営業をしている少し変わっている銀行です。
 
りそな銀行には2種類のカードローンが存在します。1つはプレミアムカードローンです。こちらのローンはカード自体の限度額が大きく設定されており、低金利でまとまった資金が必要な人向けのローンです。年収が400万円以上で安定した収入がある人が申込をすることができます。
 
クイックローンは限度額が低いものの、年収や勤続年数による制限が特にありません。小さい枠を利用する場合はクイックローンを選択すると良いでしょう。申込をして仮審査の結果は、最短で即日連絡してもらうことができます。ただしそのあとに本審査があるため、即日融資には対応していません。
>>三井住友銀行カードローンは即日融資である
 
 

審査の内容と本人確認

消費者金融や銀行など、ローンを組む場合は必ず本人確認・在籍確認というものがあります。申込書には勤務先の電話番号を記入しなくてはなりません。これはきちんと申込内容が正しいかという確認のためです。在籍確認は必ずしも本人が出る必要はありません。
 
別の人が出た場合で不在でも、外出中や本日はお休みなど、その職場に勤めていることが確認できれば良いのです。消費者金融の場合は個人名でかけてきて、会社名を名乗ることは少ないです。銀行の場合ははっきり銀行からの電話であることを伝えるケースが多くあり、会社の人に何か金融商品の契約をすることがわかってしまう場合があります。
 
借金をする予定が会社の人にばれたくない場合は、在籍確認のときに個人名でかけてきてくれる銀行や消費者金融を選ぶとよいでしょう。ただしローンの契約であるとは言いませんので、銀行=借金をするとすぐに結びつくことは少ないでしょう。
 
無事に確認が取れた段階で契約となりますが、カードの郵送に時間がかかるので、融資を受けるまでの期間は申込から1週間程度を見ておいたほうが良いです。



スポンサードリンク


 

地銀、信金、労金、その他

この記事に関連する記事一覧