お金を借りる

今すぐお金を借りれるカードローン

信用金庫の個人向けローン(カードローン)の保証会社とは?


スポンサーリンク

保証会社と信用情報機関について

銀行や消費者金融などのカードローンを利用する場合の保証人は不要になっているわけですが、信用金庫においても保証人が不要でお金を借りる事が出来るようになっています。
 
保証人と言うのは、返済が出来なくなった時の債務を肩代わりすると言う意味において立てるものであり、保証人を不要にしている代わりに、カードローンを利用する場合には保証会社の保証を受けることが条件になっています。
 
保証会社は、債務者が弁済不能となった時、債務者に代わり借金を立て替えてくれるもので、金融機関や消費者金融などの借入れ先により保証会社は様々で、大手の消費者金融などの場合は銀行の保証会社の保証会社になっているケースも在ります。
 
 

審査を行う保証会社と信用情報機関について

お金を借りる場合は、保証会社の審査を受ける事になります。
 
信用金庫は全国に多数ありますが、契約している保証会社は信用金庫により異なりますが、保証会社は信用情報機関に加盟を行っており、審査の時には加盟を行っている信用情報機関が管理を行っている個人信用情報を照会し、申し込み者の信頼性などの確認に役立てられています。
 
保証会社が異なることで加盟している信用情報機関も異なるのですが、国内には現在3つの信用情報機関があり、銀行、消費者金融、信販会社などは異なる信用情報機関に加盟を行っているため、銀行などのカードローンの保証会社が消費者金融の場合は、2つの信用情報機関の情報を照会する形になります。
 
 

信用金庫が加盟をしている信用情報機関について

銀行は全国銀行個人信用情報センター、消費者金融は株式会社日本信用情報機構、信販会社は株式会社シー・アイ・シーと言った信用情報機関にそれぞれ加盟を行っています。
 
また、社団法人しんきん保証基金は信用金庫が保証会社としているケースが多い組織なのですが、社団法人しんきん保証基金の場合は、銀行と消費者金融、信販会社がそれぞれ加盟をしている信用情報機関に加盟をしているのが特徴となるため、何れかの信用情報機関の個人信用情報に問題がある場合など、審査に通らないケースも出て来ます。
 
尚、事故情報はCRINという情報交流ネットワークが在り、全ての信用情報機関の中で共有化されているのが特徴で、自己破産や延滞などの情報は全て共有化されています。
 
(参考)CRINとは?
http://www.cic.co.jp/confidence/exchange/crin.html



スポンサードリンク


 

コラム abc 審査

この記事に関連する記事一覧