お金を借りる

今すぐお金を借りれるカードローン

筑波銀行カードローンからお金を借りるときの特徴~72歳までお金を借りる審査に申込可能




スポンサーリンク

筑波銀行のカードローンは高齢者も利用しやすいサービス

転勤などの仕事の都合によって、茨城県に行くこともあると思います。
 
新しい地域に住むことになったときには、資金面について不安を持つこともあるのではないでしょうか。お金が必要になったときには、近くの金融機関から融資を受ける方法で穴埋めすることができます。
 
大手の銀行から借りることに抵抗を感じているときには、地域密着型の銀行を選択する方法もあります。茨城県にある地方銀行として知られているものに、筑波銀行があります。
 
筑波銀行にはいくつかのカードローンのサービスがありますが、その中でもポケットカードローンなら、年齢が満20歳以上から72歳まで借り入れをすることが可能です。
 
消費者金融などのサービスを含めて、多くの業者では上限の年齢条件が60歳までや65歳までのものが多いですので、72歳まで借り入れができる筑波銀行のサービスは、高齢者にとってありがたい融資先になると言えます。
 
筑波銀行のカードローンは、アルバイトや主婦、学生、年金受給者の方であっても利用できます。
>>未成年でもお金を借りれるキャッシングはある?学生ローンならアイシーローンがある
 
 

借り入れをするための条件について

筑波銀行のカードローンを利用するためには、貸付可能な年齢基準や収入の基準を満たしている他にも条件があり、筑波銀行が営業を行っている地域に住んでいる人や、勤務していることが条件となります。
 
借金ができる金額としては、10万円以上から200万円までとなっていますので、足りない部分の生活費などに充てる目的で融資を受けたいのであれば、十分な金額を借り入れできると言えます。
>>生活費不足でピンチ!アコムは即日融資でキャッシングOK
 
借り入れの利息については、固定金利で14.6%ですので、一般的な消費者金融のキャッシングを利用することと比較したときには、かなりの低金利で融資が受けられると判断できます。
 
返済日は毎月3日と決まっており、月々における返済金額は借金の残高によって決定します。借り入れ残高が50万円以下のときには、毎月の返済金額は1万円となります。
 
借り入れ契約を締結するときには、本人確認が可能な書類として健康保険証や運転免許証の提出が必要になります。借り入れの申込み方法としては、電話またはインターネット上から手続きを行えます。
 
 

ローンは審査に時間がかかる

筑波銀行に借り入れの申込みをするときには、利用者の個人情報や勤務先に関する情報などを申告します。これらの情報を元にして仮審査が行われて、審査を通過すると借り入れ契約の正式な申込みをすることになります。
 
筑波銀行では審査に一定の時間がかかることが想定されますので、消費者金融やメガバンクでのキャッシングのように即日審査や即日融資が可能なサービスではないことを、申込みをする事前に把握しておいたほうが良いでしょう。
>>三井住友銀行カードローンでお金を借りる~最短即日融資も可能で、口座開設も不要
 
筑波銀行にはいまほしというローンのサービスも行われており、満20歳以上から65歳まで借り入れができます。事業性のある資金として使う以外は、使用の用途は自由で電話やインターネットから申込みができます。
 
借り入れ方法としてはATMや、インターネットバンキングを使ってネット上から振込み融資をしてもらうことができますので、利便性の高いサービスと言えます。
 
いまほしでは、アルバイトや主婦の方の借り入れ上限額が50万円までと決められており、年金受給者の場合には20万円まで、学生の場合には10万円までの金額を借り入れすることが可能です。



スポンサーリンク

 

地銀、信金、労金、その他

この記事に関連する記事一覧