お金を借りる

今すぐお金を借りれるカードローン

クレジットカードの複数のキャッシング枠で借りたお金はおまとめした方が得?




スポンサーリンク

複数のキャッシング枠は一つにまとめるとお得

今はクレジットカードを複数所有している人が多いのですが、クレジット機能だけでなく、それに付帯されているキャッシング枠を利用している人も多いことでしょう。
 
そういったクレジットカードのキャッシング枠を利用している人は、いくつかの会社で借り入れをしていると損をすることになります。
 
こういった場合には、まとめるために高額の借入を行うことで、いくつかの借入分を一括で返済して1社にまとめるようにするといいでしょう。おまとめをすることで返済日を統一することができたり、高額の借入で適用される金利を低く抑えることができるようになるからです。
 
通常、多額のお金を借入れるときには金利が低く抑えられるように設定されているのです。ですから、個別に20万円ずつ借り入れをするよりもまとめて100万円などの金額を借りたほうが金利が安くなるというわけなのです。それに比べて、クレジットカードのキャッシング枠は金利が比較的高い上に限度額が低くされています。
 
ですから、いくつかのクレジット会社などで返済している場合では、おまとめをすることで、金利手数料が抑えられるので結果的には返済額が安くなるのでお得になるのです。
 
 

複数のキャッシング枠をまとめる方法

それでは、いくつかのクレジットカードのキャッシング枠をまとめる方法について、2つ挙げてみようと思います。
 
ます、別のクレジットカードで借り入れのトータル分の金額を借りて返済する方法です。これは、一枚のクレジットカードですべての合計を借り入れて、いくつかある借入をまとめるという方法です。
 
現在使っているキャッシング会社ではない他社を利用して、返済にあてていくというものなのです。そうすることで、今までの複数のキャッシング会社に返済する必要はなくなり、新たな1社だけに返済をするようになるのです。
 
次に、消費者金融や銀行カードローンでトータルの金額分を借りて返済する方法です。これは、総量規制対象外になり、年収の1/3以上の借り入れが認められる可能性のあるのです。もしも、その合計が総量規制の1/3を超えていたとしても、その人にとって有利になると判断されたときには多額であっても借り入れが許されることもあるのです。(※銀行の場合)
 
なので、いくつかの会社で借り入れがあって、返済がしにくくなっている多重債務者の人には都合のよいものなのです。ですから、二つの方法を比較した時には、後者のほうがメリットがあるといえましょう。
 
 

キャッシング枠よりも消費者金融・銀行カードローンがお得

クレジットカードというのは本来ショッピングなどのクレジット機能が主であって、キャッシングに関しては限度額が低く設定されていて、金利も高いという特徴があります。ですから、おまとめに不向きである場合もあるのです。
 
しかし、銀行カードローンというのは、限度額も高く設定されていて、金利もわりと低いという特徴があります。ですから、おまとめには向いていることが多いようです。また、銀行カードローンというのは総量規制の対象外になるので、限度額できる可能性もあるのです。
 
おすすめできる消費者金融や銀行カードローンとしては、住信SBIネット銀行カードローンとみずほ銀行カードローンがあります。前者はなんといっても金利が低いというメリットがあります。さらには、限度額も1000万円と高いのです。
 
後者のみずほ銀行カードローンは、他の銀行などと比べてみても、金利が低い設定になっていますが、前者ほどではありません。それでも、みずほ銀行であるので、借りる方からすると安心感があっていいといえましょう。
 
このように、複数のクレジット会社などで借り入れをしていると損になることもあるおで、おまとめという方法を検討してみてもいいでしょう。



スポンサーリンク

 

タグ :

各ローン おまとめローン・借換 abc クレジットカード

この記事に関連する記事一覧