お金を借りる

今すぐお金を借りれるカードローン

年収や勤続年数で決まるカードローンの新規融資額(限度額)や増額審査


スポンサーリンク

キャシングは年収や勤務年数が審査対象になる

お金が必要な時に用意できない時はとても困ってしまいます。
 
買い物や旅行の場合は資金がなければあきらめるしかないですが、入院費や子供の進学の費用が必要なのに資金が用意できない場合は、知り合いに頭を下げて借りるしかありません。しかし大金となると、親しい人に借金を申込んでも断られることがあります。
 
そんな時は金融業者からキャシングする方法がおすすめです。担保や連帯保証人は必要ないので、誰かに迷惑をかける心配がいりません。
 
申込み方法もわざわざ店舗まで行って、手続きしなくてもインターネットから手軽に申込めるので、仕事などで忙しい人はとても助かります。
 
どこの金融業者でも、貸したお金をしっかり返してくれるかを調べるので、年収や勤続年数はとても重要になってきます。年収が高ければ必ず融資をしてくれると思う人も多いですが、年収の多さよりも勤続年数が長い方が返済能力が高いと判断され融資が受けやすくなります。
 
年収がどんなに多い人でも、転職が多かったり勤めてまだ間もない人は、審査に通ることが難しくなります。アルバイトだけで生計を立てている人で収入が少ない人でも、毎月決まった額の収入があれば融資を受けやすくなります。
>>派遣社員やアルバイトが消費者金融で今すぐお金を借りれるの?消費者金融は借りやすい?
 
 

年収によって限度額は決まる

カードローンは今では、若い人から高齢者まで利用している人が多くなりました。ローンカードさえ持っていれば、早朝や出張先でもどこでも気軽にお金を借りれることが人気の理由でしょう。
 
限度額の範囲なら、支払いが完済していなくても何度でもキャシングができるので、いろんな用途につかえることも利用者が多い原因です。限度額は金融業者によって大きく変わってきます。
 
消費者金融では総量規制がある関係で、限度額もあまり高くない所が多いですが、銀行カードローンは総量規制の対象外なので限度額も高額な所が多いです。中には1000万円を限度額にしている銀行もあり、高額な融資を希望する人には人気です。
>>総量規制対象外の銀行と総量規制の対象となる消費者金融の違いは?
 
金融業者側はどのようにして限度額を決めているかというと、やはり年収によって判断している所が多いです。消費者金融は、総量規制があるので限度額を決めるうえで年収はとても重要な判断材料になります。
 
年収の3分の1までしか融資できないので、300万円の人の限度額は100万円になります。ただし初めから100万円の限度額にできるわけではなく、最初(新規借入)はかなり低めの限度額になります。
 
ある一定の期間遅延することなく返済を続けて実績を積むことで、限度額の増額もできます。
 
 

年収によって融資額も変わる

カードローンを利用している人の中には、今の限度額に不満を持っている人もいます。限度額が低いと、思うような借入ができなくなります。思うような借入ができないと、他の金融業者から借金をすることになり、やがて返済が追い付かなくなり債務整理をすることになります。
 
年収によって限度額が決められることになりますが、年収を気にすることなく借入がしたいというなら、銀行のカードローンに申込むといいでしょう。銀行ならば総量規制がないので、原則、収入証明書の提出は必要ありませんから年収を気にすることなくゆとりをもった借入ができます。
 
銀行の中には最高1000万円まで融資をしてくれる所もあります。ただし初めから1000万円まで借りれるわけではなく、年収を調べたうえで融資額を決められます。
 
最初は誰でも少額の融資から始まり、返済を繰り返し信用できるようになったら、限度額の増額ができるようになります。限度額の増額は、申請すれば誰でも増額できるわけではありません。増額には審査に通る必要があります。
 
現在の年収も調べられるので、収入証明書を提出する必要があります。他社からの借入や返済遅延があると、増額審査に通るのは難しくなります。
 
住所変更や勤務先の変更をしたのに、報告しないと信頼できない人と判断され審査に落とされます。



スポンサーリンク

 

コラム abc 審査

この記事に関連する記事一覧