お金を借りる

今すぐお金を借りれるカードローン

連帯保証人は債務を抱えてるのと同じ(?)なのでお金を借りる審査には通り難いぞ


スポンサーリンク

連帯保証人が不要なローンもあります

消費者金融や銀行などの個人向けローンの多くは担保不要、保証人不要と言ったケースが多くあります。
 
担保や保証人が不要になるので、急にお金が必要になった場合でも、申し込みを行えば即日融資をして貰えるなどのメリットがありますが、保証人が不要になる代わりに保証会社の審査を受ける必要があります。
>>三井住友銀行カードローンでお金を借りる~最短即日融資も可能で、口座開設も不要
 
保証会社と言うのは、債務者自身の返済が困難になった時に、債務者の代わりに銀行や消費者金融に対し債務の弁済を行ってくれる会社です。
 
但し、債務者の債務と言うものが無くなるわけではなく、銀行や消費者金融などから保証会社に弁済が移動し、保証会社からの請求を受ける事になります。
 
 

お金を借りる時に保証人が必要なローン

住宅ローンや自動車ローンなどの場合、融資額が高額になりますので、個人向けのローンと比べると審査は厳しくなりますし、個人向けローンでは保証人が不要でも、住宅ローンや自動車ローンでは連帯保証人が必要になって来ます。
 
連帯保証人と言うのは、お金を借りる人が返済不能などになってしまった場合、代わりに自分が返済を行いますと言った約束をする人であり、一般的には親や兄弟などに依頼をして自分の債務の保証人になってもらうことになります。
 
返済が困難になり破産などの手続きを行った場合、債務者自身の債務というものはゼロになりますが、保証人は債務を追う義務が生じる事になります。
 
また、保証人も債務の支払いが出来ない場合など破産の手続きをしなければならないケースもあります。
 
 

保証人になることで審査に通り難くなる理由とは

保証人と言うのは、債務者の弁済を行う目的で立てるもので、個人向けローンの場合は保証人の代わりに保証会社が弁済を行う事になります。
 
しかし、住宅ローン、自動車ローンなどの場合は親や兄弟などに依頼をしてお金を借りる事になります。この場合、借金をした人の支払いが出来なくなった時は自分が代わりに借金を支払う必要が出て来きます。
 
連帯保証人となっている場合は、既に債務を抱えているのと同等の判断が行われてしまう事も有ります。
 
これは、お金を借りている人の肩代わりをすると言うのが保証人の役割になるため、債務者が破産などをすることで保証人が弁済を追う義務があるからなのです。そのため、連帯保証人になっている場合は審査に通り難くなると言われています。



スポンサーリンク

 

abc 審査

この記事に関連する記事一覧