お金を借りる

今すぐお金を借りれるカードローン

失業等によりお金に困った時は総合支援資金貸付制度でお金を借りる




スポンサーリンク

総合支援資金貸付制度とは

経済的に困窮している人の場合、どうしてもお金を借りたいと思っても、借りられないことがあります。
 
例えば消費者金融なら審査が緩いからといって申し込んだとしても、それでも審査に落ちてしまうことも多いでしょう。安定した収入のない人には貸してくれないのが普通です。
>>派遣社員やアルバイトが消費者金融で今すぐお金を借りれるの?消費者金融は借りやすい?
 
また、借りることが出来たとしても、金利が高いために返済に追われ、余計に生活が出来なくなってしまうと言ったこともありますし、返済できなくなって債務整理しなければならなくなるケースもあります。
 
このような恐れのある人の場合、総合支援資金貸付制度を利用するほうがリスクは小さいと考えられます。
 
 

総合支援資金貸付制度の概要

まず融資をしているのは厚生労働省の管轄である社会福祉協議会です。
 
その条件についてですが、無利子で借りられたり、あるいは金利がかかったとしてもかなりの低金利で借りられたりしますから、生活費がなくて困っている人にとっては非常にありがたいサービスだと言えるでしょう。
 
「総合支援資金貸付」に関するQ&A(厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyou/safety_net/68.html
 
また、ただ単に借りるだけではなくて、生活の再建を図ることを目的としていろいろなことを行ってくれます。例えばハローワークでの相談支援なども行ってくれます。
 
ハローワークの住居・生活支援
http://www.gov-online.go.jp/tokusyu/201111/seido/hellowwork.html
 
詳しい条件などについては市町村にある社会福祉協議会に聞いてみれば良いですが、消費者金融などから借りるよりもかなり有利に借りることができます。
 
 

借りるための注意点について

総合支援資金貸付制度にはいくつかの条件があります。
 
その一つが住居があることです。持ち家がなくても賃貸でもかまいませんが、どちらにしても済むところがないと申し込めないという点に注意しなければなりません。
 
失業して住む場所がなくなり、ホームレスになった場合にはどうすれば良いのでしょうか。この場合には、自治体の住宅支援給付の制度を利用して住居を確保することから始めると良いです。
 
また、借金がある場合には利用できません。この場合でも、債務整理をするなどして対応できます。債務整理にかかる費用の一部も、総合支援資金貸付制度で利用できる場合があります。



スポンサーリンク

 

abc お金を借りる コラム

この記事に関連する記事一覧