お金を借りる

今すぐお金を借りれるカードローン

キャッシング審査の時、他社借入件数や借金総額、職場情報の嘘はデメリットだけ


スポンサーリンク

必ずバレるのでしないように

申し込みをすれば多くの貸金業者や銀行が申し込みした人に直接電話をしてきます。
 
申告したことに対して、間違いはないか確認をする作業です。記入した時は虚偽の申告をしていたのに、いざ本人確認の時にそのことを忘れていて、記入した情報と違ったことを述べることでバレることもあります。
 
また在籍確認が必ず実施されます。貸金業者や銀行が業者名の名を出さずに個人名で勤めている会社に電話をして勤務状態を調べる調査です。勤め先を偽っていれば当然、審査は通らずお金を借りることはできません。
>>在籍確認なしのキャッシングは可能?~職場や家族に内緒でお金を借りる
 
虚偽申告を行っても良いことはありませんので、絶対にしないようにしましょう。
 
 

個人情報機関がそれを許さない

たとえば完璧に虚偽申告をした通りにうまく行くとします。ただし他社からの借入れ等は欺くことはできません。
 
その理由になっているのが、個人情報機関です。金融に関する個人のあらゆる情報がここに収められています。もちろん他社からの借入れもここにありますので、他社から借りている金額をなしとしても、当然発覚します。
 
そのような嘘の申告は業者がどのような判断をするのかというと、当然信用できないという判断をして、仮審査で出た限度枠が少なくなったり、最悪お金を借りることができなくなってしまいます。特に他社からの借入れは正直に申告しましょう。
>>消費者金融や街金でキャッシングしてると銀行での借入審査は不利となる?
 
 

また莫大なデータも頼りになる

仮審査は貸金業者のデータを利用したコンピューターで判断を行います(スコアリング)。そのコンピューターで申告が虚偽の可能性があると、判断することもあります。莫大なデータが収められており、年齢や性別、そして職種などで平均的な年収を割り出すことが可能です。
 
そのようなデータで嘘の申告をしている可能性があると判断されることもあります。多くの場合は、仮審査にこのようなシステムで実施しますので、本審査にいかないまま落ちることもあります。
 
嘘の申告を行ってもなにも良いことはありません。すべてを曝け出して、正直な申し込みをする気持ちが大切です。



スポンサーリンク

 

abc 審査

この記事に関連する記事一覧