お金を借りる

今すぐお金を借りれるカードローン

消費者金融や街金でキャッシングしてると銀行での借入審査は不利となる?


スポンサーリンク

お金を借りる時の審査について

お金を借りる時に他社借入れがあると不利になることが有ります。
 
他社借り入れがあるかどうかは個人信用情報を照会する事で解るようになっているので、仮に銀行でカードローンを利用しようとしても、消費者金融でカードローンを利用していると、銀行は消費者金融を保証会社にしているケースが多くあるため、審査の際に消費者金融が加盟を行っている個人信用情報機関の信用情報を照会する事で借入があることが解るようになっているのです。
 
また、借入があるのにも関わらず偽った申し込みをすれば信用にも関わるので注意が必要です。
 
尚、他社借入れがあることで、お金を貸す側も返済を他の金融機関などに回されると考えるので審査に通り難くなるわけです。
 
 

消費者金融からの借入があると銀行の審査は厳しくなる

消費者金融からの借入がある場合、銀行のカードローンなどの申し込みを行った場合、ネガティブな印象を与える可能性が高くなると言います。
 
何故、ネガティブな印象を与えてしまうのかと言いますと、複数からの借入がある場合、申し込みを行う人は金利が高い消費者金融を優先して返済を行う可能性が高いからなのです。
 
銀行と消費者金融を比較した場合、消費者金融金利が高いケースが多いため、早く返済をする目的で消費者金融を優先してしまい、銀行は後回しにされてしまう可能性が有るため、マイナスなイメージを抱かしてしまう事になると言われているのです。
 
 

消費者金融は銀行からの借入れ件数を重視しない

銀行の場合はネガティブな印象を与えてしまうので消費者金融からの借入が有ると融資をして貰えないケースが有りますが、消費者金融の場合は銀行からの借入があったとしても問題視しないケースが多くあります。
 
しかし、信販会社などからの借入が在ったり、信販会社のキャッシングを利用する時など、消費者金融からの借入が有る場合は、審査に通らない事も在ります。
>>宮崎信販のクレジットカード、そのキャッシング枠を使ってお金をキャッシング
 
消費者金融や信販会社のキャッシングは総量規制が適応されるため、他社借入れが有ることで借入金額は、年収の3分の1以内などのように、一定額を上回らないように考慮しなければならないからなのです。



スポンサードリンク


 

タグ :

abc 審査

この記事に関連する記事一覧