お金を借りる

今すぐお金を借りれるカードローン

新車を買う時、残価設定ローンでお金を借りる~残価クレジットは得なの?損なの?




スポンサーリンク

残価設定ローンとは?

自動車を購入するときに、3~5年後の下取り価格を差し引いて、残りの価格をローンで支払うという「残価設定ローン」というものを勧められることがあります。「残価設定クレジット」と呼ばれることもあります。この残価設定ローンは本当にお得なローンなのでしょうか。
 
(参考)残価設定型プラン-トヨタ自動車
http://toyota.jp/request/payment/zanka/
 
車の免許を取得して初めて自動車を購入するという人にとっては、車はそれまでで一番高い買い物となることも多いでしょう。手持ちのお金で一括購入できればかっこいいですが、ほとんどの人はローンで購入することになると思います。
 
自動車ローンは銀行で借りることもできますが、銀行のカーローンは金利が1%~3%ととても低くなっている半面、審査はかなり厳しく、手続きも面倒です。頭金を用意して、ディーラー系のカーローンを組むという人のほうが多いでしょう。
>>日立キャピタルのマイカーリースは、マイカーローンやディーラーローンに比べてお得?
 
無事にカーローンを組むことができても、その後の生活で問題が起きることもあります。ガソリン代、税金、タイヤの交換など、車の維持費は意外とかかります。
 
カーローンの月々の支払いをギリギリに設定していた人は、意外とかかる車の維持費のために生活が圧迫されることもあります。そして、次に車を買うときはもっと負担を減らそうと思うのです。
>>生活費不足でピンチ!消費者金融アコムは即日融資でキャッシングOK
 
 

残価設定ローンはほんとうにお得なのか

さて、車をローンで購入したいが、なるべく月々の支払いを抑えたいと営業マンに相談すると、「残価設定ローン」を勧められることが多いでしょう。
 
残価設定ローンでは最初に残価が設定され、車の価格からその残価を差し引いて、残った金額をローンで返済していくことになります。
 
例えば300万円の車の残価が100万円と設定されると、残った200万円を3年ないしは5年で返済し、ローン終了時に車を返すか、100万円を支払って車を購入するかを決められます。この100万円の支払いも、ローンにすることが可能です。
 
さて、このプランは本当にお得なのかを考えてみると、実はかえって損をするケースも多いのです。3年後もしくは5年後に残価を一括で支払う場合の総支払額を計算すると、通常ローンに比べて数万円程度割高になっていることが多くなります。もちろんケースバイケースなので、実際に計算してみることが大切です。
 
もしも残価もローンで支払うとなると、さらに利息がかかってくることになります。よく勘違いしている人がいますが、残価にもきちんと金利がかかっています。残価にずっと利息がかかり続けているので、通常よりも支払額が多くなるのです。
 
 

残価設定ローンが向いている人

残価設定ローンは通常のローンよりも総支払額が高くなるケースが多いため、3年ないし5年後に車を返す予定の人や、車を乗り換えるという人に向いているローンです。
 
もしくは、月々の返済額の負担は必ず減るので、総支払額が高くなってもいいから月々の返済額を抑えたいという人にも向いています。
 
ローン終了後に車を乗り換える予定の人でも、やはりよく考えて契約するべきです。なぜなら、通常のローンで車を購入して、5年後に車買取店で売ったほうが利益が出る場合もあるからです。
 
また、残価設定ローンでは走行距離に制限がついており、車を返す場合に走行距離が規定値を超えていると追加金がとられます。
 
ローン終了時の下取り価格が保証されているかどうかについてもよく確認しておきましょう。下取り価格が保証されておらず、その時の査定金額によって決まる場合には差額を支払わなければならなくなります。
 
最後に、以上のようなメリット・デメリットは一般論であり、実際は契約内容によって変わってくるのでその都度計算してみることも大切です。残価設定ローンのほうが借金の金利が低く設定されている場合もありますから、説明を受けてから柔軟に考えるのが良いでしょう。



スポンサーリンク

 

各ローン 自動車ローン

この記事に関連する記事一覧