お金を借りる

今すぐお金を借りれるカードローン

総量規制対象外の銀行と総量規制の対象となる消費者金融の違いは?


スポンサーリンク

カードローンという選択肢

お金が必要になった場合、親や友人から借りる方法の他に自分で解決するには、カードローンやクレジットカードの契約、持っている資産を担保にした借入、質などがあります。
>>お金を借りる場合、キャッシングだけでなく質屋の質入れや買取もある
 
カードローンやクレジットカードの契約には時間がかかることもあり、すぐに必要なケースでは対応できないこともあります。
>>カードローンでのキャッシングではなくクレジットカードのキャッシング枠も便利
 
しかしカードを持っていればお金に困ったときに限度額内で自由にやりくりすることができますので、お金に困っていなくても1枚くらいは持っていても損はしません
 
そしてお金に困っているときは信用情報が悪化していることもあり、審査に落ちてしまうこともあります。支払いに困っていないときだからこそ、契約しておいたほうがいいのです。
 
即日融資可能なカードローンもありますが、そういったカードローンは消費者金融が提供しているものが多く、金利も決して低くありません。審査の厳しいカードほど金利は低くなる傾向があります。お金に困っているときに高い金利負担は余計にお財布を圧迫することがあります。
 
 

銀行と消費者金融の違い

銀行も消費者金融もどちらも融資してくれる金融機関です。しかし制限している法律が違います。消費者金融は貸金業法のもとに運営しており、銀行は銀行法のもとに運営しています。
 
貸金業法には総量規制というものがあり、年収の3分の1以上の貸出を禁止しています。ただしビジネスローンなど特殊なものは規制の対象外となっています。
 
銀行には貸し出し制限は特にありません。そのため住宅ローンやマイカーローンなど大口の貸出をすることが可能です。
 
銀行のローンは破綻されてしまうと大損害になってしまうことも多く、審査は慎重に行われています。そのため少しでも支払いに不安があったり、過去に延滞や金融事故を起こしていると審査に通りにくくなってしまいます。
 
その代わり金利は低く設定されているものが多くあります。消費者金融はどちらかというと困ったときに少額の融資を迅速にしてくれる会社です。金利が銀行に比べると高く設定されている傾向があります。



スポンサードリンク


 

タグ :

コラム

この記事に関連する記事一覧