お金を借りる

今すぐお金を借りれるカードローン

1万円をキャッシングで借りる。少額借入の注意点は上限金利が適用される


スポンサーリンク

キャッシングサービスとは

キャッシングサービスは現金をいつでも借りることができるというものです。一般には消費者金融や銀行のカードローンやクレジットカードに付与されるサービスがあります。
 
いずれにしてもお金を借りることですので、利用するためには返済能力に関しての審査を受ける必要があり、また審査に通らなければ利用することができません。
 
審査では住所氏名などの利用者の個人情報の確認と収入や他社からの借入れについての確認がされます。住所氏名は偽りがなければ問題ありませんが、キャッシングでは年齢制限があり、20歳以上で65歳か70歳までである必要があります。未成年が利用できないのは民法上の問題であり、上限年齢が設定されているのは借り入れたお金を返済が年齢的に厳しいと判断されるためです。
 
一方で収入に関しては、消費者金融の場合であればアルバイトやパート、派遣社員でも定期的な収入があれば審査の対象となり、多くの場合には審査に通ると言われています。しかし、他社からの借入れがある場合には審査には不利に働くことになり、審査に通らない理由になります。
 
いずれにしても審査に通ることで、設定された枠内で自由にお金を借りることができます。
 
 

借りられる金額について

キャッシングで借りられるお金は利用者の返済能力に左右されます。
 
消費者金融の場合には貸金業法によって規制されているため、原則として年収に対して3分の1の枠内でしか借りることができません。また限度額も設定されており、限度額は多くは最低融資額が1万円で最高融資額は300万円~800万円程度となっています。
 
一方でお金を借りる場合にはその手数料として金利を支払う必要があります。金利は借り入れた金額に対して年率で表現されます。現在の日本の法律では金利の上限は20%に制限されておりこれ以上の金利は設定できないことになっています。一方で年率は小さければ小さいほど金利の負担が小さいため、有利にお金を借りる場合には利率の低いところを選ぶのがベストです。
 
一般的な消費者金融の場合には5%前後~18%が設定されていますが、銀行などの場合には、上限金利が15%のところもあります。なお、クレジットカードのキャッシングサービスでは法律で定められている金利一杯に設定される傾向にあります。

金利比較

銀行
・ソニー銀行のカードローン(2.500%~13.800%)
・りそな銀行 りそなプレミアムカードローン(3.500%~12.475%)
・イオン銀行 カードローン BIG(3.800%~13.800%)
 
消費者金融
・プロミス(4.500%~17.800%)
・アコム(4.700%~18.000%)
・アイフルの女性向けカードローン『SuLaLi』(18.000%)
 
クレジットカード
・ライフカード(15.00%~18.00%)
・楽天カード(18.00%)
・JCB一般カード(15.00%~18.00%)
 
金利の設定は、多くは借入れ枠に連動する形で設定されており、最低の借入額の場合には上限利率が設定されているのが一般的です。
 
 

少額キャッシングの注意点

キャッシングの借入れ単位は多くの場合には1万円単位となっており、お金を借りる場合には最低でも1万円は借りなければいけません。
 
また借入れの金利は融資枠に連動するため、借入れの枠としては5万円から10万円が最低となっている場合があります。一方で消費者金融と契約を結んださいには融資枠は30万円前後が設定されるのが一般的で、そのさいには設定されている最高利率が適用されます。
 
一方で少額融資を売りにしているキャッシングには注意点がいくつかあります。ひとつは融資枠を10万円以下としており、そのさいの利率は法律の上限一杯の20%に設定されているという点です。この金利は1万円という少額であれば、年間の金利負担額は1112円ですが、10万円を借りた場合には年間の金利負担額は1万1156円になります。
 
金利額が高いと見るか安いと見るかは人によって異なりますが、1万円の少額のキャッシングでも返済が完了しない限り、金利が増え続けます。
 
これはキャッシング全般の注意点とも言えるものですが、早期に完済するのがベストな方法といえます。このため生活費など少額の借入れを行う場合には、翌月の収入ですぐに全額返済することが大切です。



スポンサーリンク

 

abc お金を借りる

この記事に関連する記事一覧