お金を借りる

今すぐお金を借りれるカードローン

通常の無利息期間は新規客の場合が大半だけどノーローンは何度借りても1週間は無利息




スポンサーリンク

カードローンの一番大きなデメリットは?

お金を借りる方法としてもっとも手軽なのがカードローンです。スピーディーに借り入れすることができますし、親や友人から借金する場合のように人間関係に悪影響を及ぼすこともありません。
 
しかし、一番大きなデメリットは金利が高いということです。住宅ローンやオートローンなど他のローン商品と比較しても高い金利です。
 
金利が高いということは、利息の負担が大きいということです。その利息の負担を少しでも減らしたいということで、少しでも金利の低いローンを皆さん探しているのです。
 
しかし、金利が高いということで敬遠されがちな消費者金融の場合、無利息期間がある場合もあります。無利息期間というのは、期間が限定されますが、金利は「0%」です。どんなに金利が低い銀行カードローンよりも低金利になるのです。
 
 

どの消費者金融の無利息のローンがもっともお得?

無利息期間のある消費者金融の場合、その多くが新規契約後の30日間無利息になるというものです。長期的に利用するのであれば、正直この最初の30日間だけ無利息になったとしてもあまり意味をなさないものになります。
 
・ジャパンネット銀行ネットキャッシング(30日間)
・プロミス(30日間)
・アコム(30日間)
・新生銀行カードローン レイク(30日間又は180日間)
※初回借入日からの無利息期間
 
消費者金融のローンは一般的に一括で返済するものではありません。毎月少しずつ返済していくリボ払いでの返済になります。30日間で完済できればいいですが、実際多くの方は一度借り入れをすれば、少しずつ返済し、追加で借り入れもするので、利用は長期的になるのです。
 
消費者金融の中で唯一「1週間無利息」のサービスを展開しているのが新生銀行グループの運営する消費者金融ノーローンです。
 
ノーローンは最初の1週間と、完済した翌月の1週間が無利息になるので、無利息期間を何度でも利用できるのです。
 
 

ノーローンの賢い利用方法とは

他には無い無利息のサービスを展開しているノーローンですが、一旦完済しないと翌月が無利息にならないというのが欠点です。しかし、もう一枚消費者金融のカードローンがあれば、ノーローンの完済は簡単にできます。
 
例えば、ノーローンで20万円を借りているとします。別の消費者金融で20万円を借りて一旦ノーローンの方は完済させます。そして、再度ノーローンから20万円を借りて別の消費者金融の方を完済させます。
 
この方法であれば、毎月1週間が無利息になり、利息負担は残りの約3週間分のみというのを長期的に実現できるのです。
 
ここで問題なのが、2つの消費者金融のカードローンを作ることができるのかということです。ポイントとしては、まず1つのカードを作った時点で借り入れをせずに2枚目のカードを作るということです。
>>キャッシング時の在籍確認は必ずある?在籍確認なしにする方法はある?
 
借り入れが20万円すでにある場合と、カードを持っているだけで借り入れは0円という状態では審査の難易度が全く異なるからです。
 
上記の方法ならノーローンを他の消費者金融よりもお得に利用できるのです。



スポンサーリンク

 

地銀、信金、労金、その他

この記事に関連する記事一覧