お金を借りる

今すぐお金を借りれるカードローン

信用金庫のカードローンでキャッシングするメリットはある?




スポンサーリンク

信用金庫のサービスの特徴

信用金庫は、資金の移動や融資、預金の受け入れなどを行う金融機関の一種であり、地元企業の健全な発展と地域社会の繁栄を目的として多様なサービスを提供しています。2014年末の時点で、全国に267の信用金庫が存在しています。
 
信用金庫のサービスの特徴は、営業区域内に住居又は勤務先の住所がある人に対して優先的に行われているということです。このために、全ての人が同じサービスを利用できるというわけではなく、地域により内容にはかなりの違いが生じることになります。
 
これは、キャッシングとも呼ばれている個人向けカードローンの場合は特に顕著となり、信用金庫によって商品の内容や取り扱っている種類は大きく違っています。
 
 

キャッシングの商品内容

キャッシングは、20歳以上で安定した収入を得ている人を対象とした商品で、多くの金融機関が取り扱っています。担保や保証人は不要で、通常の金融商品と比較すると金利は高めに設定されていますが、審査時間が短いということが魅力です。
 
ただし、専業主婦やアルバイト収入などの無い学生がお金を借りれるケースは少ないです。
 
関連記事:
>>専業主婦が旦那の同意を得てキャッシング借入をする場合、審査対象は旦那となる?
>>生活保護者になった場合のメリットとデメリット~新規の借金は絶対に無理
 
特に、消費者金融などの貸金業者の商品は、申し込み当日に融資が実行されるというスピード審査を実施しており、お金を早く借りる必要がある人にとっては非常に便利な内容です。このために、多くの人が利用しています。
 
ただし、金利が高いということから返済が難しくなってしまい、債務整理を選択しなくてはならない状況に陥ってしまう人も少なくはありません。このような状況を解消するために、2010年に改正貸金業法が完全施行されています。この中で目玉となっているのが、借り入れ総額は年収の3分の1以内に制限するという内容の総量規制です。
 
 

信用金庫のキャッシングのメリット

貸金業者には、消費者金融やクレジットカード会社、事業者ローン業者などの多くが該当するのですが、信用金庫はこの範疇には含まれていません。それは、預金業務や手形の発行など複数の業務を行っているからです。このために、信用金庫の個人向けカードローンは、総量規制の対象からは外れています。
 
つまり、収入により借金の額が制限されないということです。このために、貸金業者を利用できない専業主婦を対象とした商品も用意されています。当然、信用金庫が提供しているローン商品(カードローンやフリーローン)も総量規制とは関係がないので、目的に合わせて選択することが出来ます。
 
また、信用金庫の商品は貸金業者のキャッシングよりも金利が低めということも特徴で、同じ金額を同じ期間利用した場合は加算される利息が少ないので返済総額は少なくて済みます。



スポンサーリンク

 

abc お金を借りる コラム

この記事に関連する記事一覧