お金を借りる

今すぐお金を借りれるカードローン

今すぐにお金を借りる基本

あなたは今までにキャッシングをしたことがあるでしょうか?

スポンサーリンク


このページに来られたという方は、これからキャッシングで今すぐにお金を借りようとしている方、キャッシングする前に基礎知識を身につけたい方がほとんどではないでしょうか?そうでなければ、このページに来られることはないですよね。

では、そのあなたに1つ質問があります。それは、キャッシングという言葉を聞いてどのようなイメージを思い浮かべるでしょうか?この言葉を聞いて不安に思われたという方もいらっしゃるかもしれません。なぜなら、キャッシングというのは、「お金」に関することだからです。

お金と聞くと欲しいけど、稼ぐと悪いことをしている、悪い人になるのではというのが心のどこかにあるかと思います。そう思うのはニュースなどで、お金に関するトラブルを目にし、また親からもお金に関して無意識のうちに、たくさん稼ぐと悪い人になるようなことを言われたかもしれません。

しかし、生活のためには必要なこのお金はが、本当に悪いものでしょうか?お金というのは道具の一種であり、正しく使えば生活を豊かなものにできますし、悪く使えば自分の身に降り掛かって来るのです。つまり、扱い方次第なのです。では、カードローンに関してはどうなのでしょうか?これもやはり同じで正しく使えばあなたの味方になってくれるのです。

とはいってもどうやればカードローンを正しく有効に使うことができるのか?そこでこのページが参考になります。このページではキャッシングの基礎知識はもちろんのこと、キャッシングの方法や、それに関する注意点を細かく説明していきます。どんなことでも知識があるのとないのでは、それは大きな差となってきます。当然不安を抱えながらキャッシングをするか、知ったうえでキャッシングするかの違いが出てきます。そのためカードローンでお金を借りることについて知らずに後で失敗をする前に、このページに書かれている内容を参考にして、有効にキャッシングを使ってくださいね。

スポンサーリンク

カードローンとは

これからカードローン(=キャッシング)のことについて、最初は基礎知識を中心にいろいろと説明をしていきます。そこでまずはカードローンという言葉の意味は知っているでしょうか?そして説明はできるでしょうか?カードローンという言葉は聞いたことがあるけれど、お金に関する用語はたくさんあって、よく分からないという方も多いかもしれませんね。

まず、キャッシングに似た言葉にキャッシュという言葉があります。経理に詳しい方であればキャッシュ・フローというのを聞いたことがあるかもしれませんね。このキャッシュというのは、「お金」という意味があります。アルファベットではCashですね。そしてキャッシングというのはアルファベットではCashingとなります。ingという英語でいうと現在進行形がつきます。つまり、お金に何らかの動きがついたわけです。このキャッシングというのは、「お金を借りる」という意味になります。お金自体はモノであって、動くものではないので、ingがつくのはおかしく感じたかもしれません。流通している、取引されているという意味や観点で見れば動いているように見えるかもしれませんね。

しかし、世の中ではキャッシングというのは、お金を借りるという意味で使われています。つまり、キャッシングというのは借金という意味になるんですね。借金と書くと何となくイメージが悪く感じます。しかし、キャッシングと書くとカッコよく感じますが、借金をしていることにはかわりはありませんので注意してくださいね。

お金を借りる前に知っておくこと

キャッシングと聞くと、横文字になっているせいか、カッコよく感じるかもしれません。しかし、これはお金を借りている、つまり借金をすることになるんですね。そのため、キャッシングはよくて、借金はよくない、ということではないんですね。どちらも、お金を借りている、借金していることにはかわりはありません。

そのため、キャッシングをしてお金を借りたら、必ずお金を返さないといけません。これはお金だけではなく、本でもDVDでも何でもそうですが、借りた以上は返すことが必要になってきます。借りた金額が大きくなればなるほど、それに比例して返す金額も当然大きくなるということです。

もし、あなたがキャッシングでお金を借りたら、いやお金を借りる前に知っておく必要があることといったら、ちゃんとお金を返すことができるのかを十分知っておく必要があるのです。これを知らずにキャッシングをしてしまいますと、後でお金を返すときに困ってしまいますからね。つまり、キャッシングをする前に必要になるのは、借りる金額とそしていつ返済ができるかをシッカリと前もって知っておく必要があるのです。これを知っておけば、ムリにお金を借りる心配も少なくなり、必要最低限だけ借りればいいので、返済をするときにもラクになるのです。

もし、あなたがキャッシングをするときには、借りる目的、金額、いつまでに返済をするかをシッカリと把握したうえで有効にキャッシングをしてくださいね。

誰でもお金を借りれるの?

もし、あなたがお金を貸してあげる立場だったら、どんな人に貸したいですか?その逆でどんな人に貸したくないですか?おそらく今、あなたの頭の中では、「あの人に貸してもキチンと返してもらえるだろうな」、「いや、アイツには絶対に貸したら返って来ないぞ、前に貸したDVDすら返してもらえないからな」など、人定めをされたかもしれませんね。では、実際にキャッシングというのは、誰でもできるのでしょうか?

まず、キャッシングの基本としては、20歳以上となっています。実際には18歳以上からもできますが、信用のうえから考えて20歳以上と見ておいた方がいいでしょうね。
>>未成年でもお金を借りれるキャッシングはある?

そして一定の収入がある人も一応条件として設けられています。一定の収入と聞くとサラリーマンなどの社会人じゃないとダメなように思われたかもしれません。しかし、実際にはそのようなことはありません。パートやバイトでもキャッシングをすることができます。
>>派遣社員やアルバイトが消費者金融で今すぐお金を借りれるの?消費者金融は借りやすい?

つまり、キャッシングができる基本条件としては、収入がある20歳以上の人と覚えておけば問題はないでしょう。そもそも何でキャッシングができる年齢が20歳以上なんでしょうか?自分で判断できる能力ができる必要であるということと、赤ちゃんのときにキャッシングなどはできないし、勝手に名義を使われるおそれがあるからなんですね。実際には18歳以上でもできますが、信用上、金利が少し高めになる可能性があったりと、若さ(?)故のデメリットもあるのです。

キャッシングに関するいろんな用語

キャッシングに関してはたくさんの用語があります。あなたがすでにキャッシングで今すぐにお金を借りようと思って、アチコチのキャッシングや金融機関のサイトを見ていたら、これはどういう意味なのか分からない用語があったかもしれませんね。キャッシングをしようとする前に調べておかないと、と思いつつもメンドウだから後回しにしているかもしれませんね。

もちろん知らなくてもキャッシングはできますが、その用語や用語の意味を知っている、知らないだけでも、キャッシングを安心して使えるか、後から失敗して後悔する場合もあります。そこで、キャッシングに関する用語をいくつか紹介しましょう。

まず、キャッシングに関して調べていると、ローンという用語を何度も見かけたことはないでしょうか?この2つの違いに関しては大きく変わることはありません。結果的にキャッシングもローンもお金を借りることには変わりはないのです。ただし、ローンに関しては住宅ローン、マイカーローンなどのように目的が決まっている場合に使われるケースが多いですね。

次に金利という用語も見かけます。これはキャッシングしたら、借りた金額だけを返すだけではなく、金利もプラスして返さないといけないのです。この金利も法律の規定があり、キャッシングする金額に応じて、金利の上限も変わるのです。当然、金利が低ければキャッシングの返済をするときにも少なくて済むというわけです。特に金利がいくらになるのかはキャッシングするときにも重要なチェックポイントになります。
>>お金をキャッシングで借りる時の利息~長期の返済は利息も高額になり、元金は減らん

スポンサーリンク


みちのく銀行カードローンのトモカ~給料の前借をする前にキャッシング?


スポンサーリンク

みちのく銀行にはカードローンのサービスがある

借金をしてでも資金を手に入れたい人にとっては、大手の都市銀行などから借り入れをしたい人もいると思いますが、利用条件によっては地方銀行が行っているサービスも便利であると言えます。
 
東北地方で居住している人や、勤務している人にとって低金利で融資が受けられるサービスとして、みちのく銀行カードローンのトモカがあります。トモカの金利は4.9%から14%ですので、一般的な消費者金融などと比較したときには、かなり安い利息で融資が受けられます。
 
10万円の借り入れのときには年率14%ですが、30万円のときには年率13%、50万円や100万円の借り入れをすれば年率10%の利息でお金を借りることが可能です。
 
トモカには自動融資のサービスが採用されていますので、公共料金などを支払う口座としてみちのく銀行を指定しておけば、残高不足になっても融資してくれます。
 
 

トモカの利用条件について

トモカは東北地方に住んでいる人にとって、経済的に苦しくなってしまったときに強い味方になってくれます。ただし、メリットがある反面、デメリットも存在していますので、しっかりとサービスの内容を把握しておくことが大切です。
 
トモカの利用が可能な人は、北海道や青森、秋田、岩手、宮城県に居住しているか、勤務している人のみとなっています。トモカはアルバイトやパート、専業主婦の方でも利用できるカードローンですが、借り入れの限度額が最大で10万円までに設定されています。従って、10万円以上の融資を希望している人の場合には、別のカードローンを選択する必要があります。
>>専業主婦の人も借入られるみずほ銀行カードローンの魅力は?
 
年齢条件としては、10万円から100万円までの借り入れのときには満20歳以上から満64歳までの人が融資を受けられる条件となっていますが、200万円から500万円の融資を希望したときには満20歳から満59歳までの人しか利用できません。
 
 

トモカの申込みから借り入れまでの流れ

みちのく銀行カードローンを利用するための申込方法としては、銀行窓口、FAX、郵送、インターネットからの方法があります。申込みをして審査の結果が出たときには、直接店舗に行くことで正式な手続きを行う必要があります。窓口に来店したときには、本人確認書類を提出しなければなりませんので、忘れずに持参するようにしましょう。
 
正式な手続きを済ませてから、7日から10日後にカードが届けられますので借り入れが可能になります。仮申込みについてはFAXやインターネットからも行えますので、24時間好きなときに申込みができますが、店頭にも行かなければならないために手間がかかるサービスであると言えます。
 
返済方法としては、口座から自動的に引き落とされる方法と、ATMを使って支払う方法、振込みの方法で支払うことの3種類のうちから自由に選択できます。

 

地銀、信金、労金、その他

横浜銀行カードローンでキャッシングするメリットとデメリットは?


スポンサーリンク

横浜銀行カードローンの条件は魅力的

横浜銀行は地方銀行ですが、地方銀行の中でも売上高が上位に入り、都市銀行に負けないほど大きな銀行です。地方銀行なので、神奈川県と東京都の全域、群馬県の一部に対象が限られています。
 
金利は年3.5%~14.6%、最高限度額が800万円となっていて、金利が低く限度額も高めというとても魅力的な条件です。限度額が300万円以内なら収入証明書の提出も必要なく、免許証などの身分証明証のみで借りられます。最短でその日のうちに審査の結果が出て、即日融資も可能となっていますが、基本的にはカードが手元に届いてからの融資となるので、横浜銀行の口座を持っていない人は即日融資はできません。
 
すでに横浜銀行の口座を持っている人で、インターネットバンキングを利用している方は、最短で即日融資が受けられる可能性があります。
 
横浜銀行カードローンにはSMBCコンシューマーファイナンスが保証会社につきますので、銀行と保証会社の両方の審査に通過する必要がありますが、過去に延滞などをしておらず、無理のない金額を借りるのであれば十分に可能性はあります。
 
 

専業主婦や年金受給者でも借りられる?

横浜銀行カードローンの申し込み条件は、「20歳以上69歳以下で安定した収入のある方」となっています。「安定した収入」という判断基準は金融機関によって異なってきますが、一般には公務員のような収入でなくても毎月途切れずに一定の収入があれば可能だという解釈がされています。
 
パートやアルバイトでも毎月一定の収入が途切れずにあるなら申し込みが可能です。ただし学生はアルバイトで収入を得ていても申し込み不可となっています。銀行なので総量規制の対象外であり、専業主婦でも配偶者に安定した収入があるなら、限度額に制限はつきますが、自分名義でお金を借りることができます。
 
また、年金収入が「安定収入」として認められるかは金融機関によって異なりますが、横浜銀行カードローンでは年金受給のみの方でも申し込み可能となっています。
 
パート・アルバイトや専業主婦、年金受給者は高い限度額で借りることはできませんが、横浜銀行カードローンでは最高でも金利が14.6%となっているので、消費者金融よりもはるかに低い金利で借りることができるのが魅力的です。
 
 

職場への在籍確認があります

信販会社、消費者金融では職場への在籍確認を行わないところもありますが、銀行でお金を借りる場合には必ず在籍確認が行なわれます。低金利でお金を貸すということは貸し倒れのリスクが大きいので、それだけ貸し出しには慎重になります。
 
職場に在籍確認の電話が行くと聞いて心配になる人も多いと思いますが、横浜銀行の場合は担当者の個人名で電話をかけるので、ローン審査の電話だとバレる心配は少ないでしょう。もしも電話を受けた事務員や職場の人に怪しまれたとしても、クレジットカードの審査を受けたとでも言っておけばそれ以上怪しまれることはないと思います。
 
最後に、いくら低金利とはいっても、借金をしていることに変わりはありません。お金を借りずに手持ちのお金だけでやりくりしている人と比べたらどうしても利息の分は損をしていることになってしまいます。審査に通ったからといって安易に限度額いっぱいまで借りたりせず、無理のない金額を借りて、計画的に返済をしていきましょう。

 

地銀、信金、労金、その他

1 2 3 35